クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クラウド会計ソフトで保有クレジットカードの利用履歴を同期したら、各カード発行会社のネット明細書に対する本気度が見えてきた話。

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6355848263

photo by 401(K) 2013

確定申告の準備をしているもので、確定申告の話題ばかりになってしまい申し訳ございません。

現在、MFクラウド確定申告というクラウド会計ソフトを利用しているんですが、このソフトではクレジットカードのネット明細サービスと同期させてカード利用履歴を取り込み、ボタン1つで経費として計上することが出来るサービスがあります(詳しくは下記あたりの記事を参照)。

使えるカードと使えないカードが判明:

私も1個1個、経費を手入力していくのは面倒だったので、この同期サービスを保有クレジットカードすべてで利用してみました。すると、そこから『クレジットカード会社がネット明細の使いやすさについて積極的かどうか』がおぼろけながらに見えてきたので、それをまとめてみようと思ったのがこの記事です。

クラウド会計ソフトを利用して記帳業務を楽にしたいと考えている方は、是非、ソフトとの相性が良いクレジットカードを利用するようにしてみてくださいね。

クラウド会計ソフトとクレジットカードの相性まとめ

今回は『相性』という表現を使わせていただきましたが、ざっくりといえば下記のような基準でその親和性を分別しています。

  1. 確定申告時期に、昨年1月の利用明細が同期可能かどうか
  2. 不備なく同期可能かどうか

たったこれだけです。

相性が悪い分類をさせていただいたクレジットカードは、この2つの基準さえもクリアできないので、クラウド会計ソフトを使って確定申告をしようと思っている方にとっては、不満が貯まる使い勝手になると思います。

相性完璧のクレジットカード:

利用明細同期の際に、なんの不備もなく丸1年分の利用明細書を取り込むことが出来たクレジットカードたちです。クラウド会計ソフトとの相性が非常に良いので、これらのカードを支払いに使えば使うほど、経費入力作業が楽になることでしょう。

ちょっと相性が悪いのクレジットカード:

2015年にもなって、未だに過去3ヶ月分や半年分といった期間でしか利用明細書をクラウド会計ソフトに同期させることが出来ないクレジットカードたちです*1

これらのカードをクラウド会計ソフトで利用しようとすると、2014年の明細書の半分くらいまでしか取り込むことが出来ないので、残りは紙の利用明細書とにらめっこして入力するしかなくなります。

ただし来年の3月に行う、2015年度の確定申告については定期的に同期させていけば、1年分すべてを同期させることも可能でしょう。あくまで2014年の確定申告をこの3月にまとめてやろうとすると、さかのぼって1年分取得できなかった…ということになります。

相性が悪いクレジットカード:

クラウド会計ソフトとの相性が悪いなーと思うクレジットカードには、残念ながらポケットカードが選ばれてしまいました。なぜ相性が悪いのかというと、理由は2つです。

  1. 過去半年分の利用明細書しか取得できない
  2. 郵送で明細書を取り寄せている方は、取得自体ができない

特に2番目が困りました。郵送で利用明細書を取り寄せている私は、そもそもクラウド会計ソフトとの同期自体が出来ない状況です(ネット明細にログインしても「ネット明細書への移行のお願い」のようなページが表示されてしまうので、自動同期出来ない模様)。

ネット明細書に本気なカードは使いやすい:

http://www.flickr.com/photos/71401718@N00/5582186621

photo by Wonderlane

このように、ネット明細書を単なる『郵送代の節約』と考えているクレジットカード会社と、ネット明細書をサービスの一環だと考えているカード会社の差というのは、年々広がってきている気がします。

  • 要改善:紙の明細書を送ると、郵送代が勿体無いからネット明細を提供
  • 理想的:ネット明細を充実させて、顧客満足度を向上させる(カード会社にとっては広告収入にも繋がる)

特に大手のJCBカードでもまだ、過去1年分以上の明細書をチェックできないなんて、遅れているにもほどがあると思うんですが、みなさんはいかがお考えでしょうか?(下記は管理画面から確認できる、過去の履歴一覧)

f:id:cardmics:20150305161913g:plain

以上、クラウド会計ソフトで保有クレジットカードの利用履歴を同期したら、各カード発行会社のネット明細書に対する本気度が見えてきた話…でした。私が快適にMFクラウド確定申告(クラウド会計ソフトの1つ)を使いこなせるようになるのは、どうやら来年の確定申告作業からですね…。

参考リンク:

私もクラウド会計ソフトを使ってみたいと思う方は、下記の主要クラウド会計ソフトを比較した記事をご覧ください。今のところfreeeややよいの青色申告オンライン、MFクラウド確定申告のどれかを使うのが無難ですね。

news.cardmics.com

*1:クレジットカード会社の公式ネット明細サービスにいけば過去1年分に渡り、表示可能なサービスも含みます。あくまでクラウド会計ソフトに1年分以上を同期できないカード…という位置付けですね。

PAGE TOP