クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

車に乗る日だけ自動車保険に加入できる『ちょいのり保険』は、家族や友人の車を使う方に最適!短期で加入できる任意保険です。

f:id:cardmics:20171203131015j:plain

あまり知られていないのですが、車に乗る日だけ自動車保険に加入できる『ちょいのり保険』って、かなり便利です。

1日あたりの掛け金は500円*1からOKなので、家族の車にたまに乗る…といった場合や、友達の車を運転する…という方にお薦め。

使い方次第でちょいのり保険を利用することで、自動車保険代を安くすることもできるので、是非、利用を検討してみてください。

ちょいのり保険の特徴ついて:

ちょいのり保険とは?

まず、ちょいのり保険とはどのような保険なのかを箇条書きにしてみるとこんな感じ。

  1. 車種や年式を問わず、掛け金は500円でOK(一部の高級車やスポーツカーを除く)。
  2. 運転する日だけ加入すればOK。当日申込も可能。
  3. スマホなどの携帯電話から申込可能。支払いは携帯電話料金と併せることが出来ます。

ご覧のように1日の掛け金がわずか500円で済むため、急遽、家族や友人の車を運転することになった時などにちょいのり保険は役立ちます(無保険で車を運転してしまうと事故等で全財産を失うことも)。

運転頻度が低い家族がいるなら活用可能:

特に普段は車に乗らない家族(子供や両親など)がいる場合にはちょいのり保険は非常に便利。

これは言うまでもなく、車を運転する人間を限定すると自動車保険というのは安くなる傾向にあるためですね。

  • 一般的:家族全員が運転しても大丈夫なように、運転者限定特約を付けない
  • 節約に:稀にしか運転しない家族は特約を付けて除いてしまう

この点、車を運転する度にちょいのり保険を活用すれば、その利用頻度次第で自動車保険料を節約することも可能。うまくいけば年に数万円程度の節約になることだってありえることでしょう。

配偶者だと使えない:

但し、運転予定の車を所有している方が配偶者かそれに準ずる方の場合には、ちょいのり保険の規約違反になってしまうので注意。

  • 夫や妻などが所有する車:利用不可
  • 内縁の妻が所有する車:事前に問い合わせを
  • 離婚した配偶者所有の車:事前に問い合わせを

家族は家族でも、両親や子供といった家族が利用する場合のみ、ちょいのり保険は活用可能になりそうです。

私も友人の車に乗る時に使ってます:

あと、友人が所有する車を運転する…という場合にも便利。

『保険が適用できないから…』といってわざわざレンタカーを借りていた方も、ちょいのり保険があれば誰でも友人名義の車を運転できるようになります。

  • 従来:みんなで運転を交代するためには、レンタカーを借りていた
  • 今後:ちょいのり保険があれば誰かの車をみんなで運転することが可能に

反面、ちょいのり保険に加入をせずに他人の車で事故を起こしてしまえば大変なことになってしまうので、自分のためにも相手のためにも都度都度、保険に加入するようにしてください。ちょいのり保険なら瞬間的に保険加入が可能ですよ。

めったに乗らない自分の車で利用できる?

f:id:cardmics:20171119233448j:plain

では滅多に車に乗らない方が、乗る時だけちょいのり保険を利用しても良いのでしょうか?要するに任意保険に加入せずに、車に乗る時だけ保険に加入する方法ですね。

これは残念ながらNO。

ちょいのり保険は借りた車に乗る時に使う保険なので、自分名義や配偶者(夫や妻)名義の車には適用させることが出来ません。

【自動車保険(ちょいのり保険)】誰が所有しているお車であっても対象となりますか?

A.運転者ご本人、運転者ご本人の配偶者、法人が所有するお車およびレンタカーは対象外です。実態上の所有者が運転者ご本人、運転者ご本人の配偶者、法人であるお車も対象外です。

これが出来るようになると自動車保険の節約にも繋がるんですが、規約違反になるだけなので、くれぐれもこういった使い方をしないようご注意ください(多くの方が勘違いして、ちょいのり保険を使ってしまっていそうです)。

以上、車に乗る日だけ自動車保険に加入できる『ちょいのり保険』は、家族や友人の車を使う方に最適!短期で加入できる任意保険です…という話題でした。

参考リンク:

自動車保険の節約だけでなく、家計の出費を全面的に見直ししたい…という方は、下記の節約テクニックをまとめた記事もあわせてどうぞ。車に乗っている方であればカーシェアリングなどの利用もおすすめです。

news.cardmics.com

*1:自動車の運転に不安がある方は、車両保険の付いた1日1,000円の掛け金を払うことをお薦めします。

PAGE TOP