クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

中国のクレジットカード平均保有枚数は1人あたり0.34枚!中国ではクレジットカードよりも、デビットカードのほうが主流です。

http://www.flickr.com/photos/27359640@N03/6214794900

photo by Richard Bao

2014年末時点での、中国におけるクレジットカード平均保有枚数は1人あたり0.34枚。そんな統計データを中国人民銀行が発表したようです。

2014年12月末時点で、中国において発行されている銀行カードの総量は、49億3600万枚に達した。

発行枚数の内訳は、デビットカードが、2013年同期比17.2%増の44億8100万枚を占める。クレジットカードは、2013年末から16.5%増加し、4億5500万枚となった。 

中国では圧倒的にデビットカードが主流:

記事に記載のあった数字を並べるとこんな感じ。

  • デビットカード:44億8100万枚
  • クレジットカード:4億5500万枚

だいぶクレジットカードの流通枚数も増えてきている感がありますが、それ以上にデビットカードの発行枚数がすごすぎて、霞んでしまう数字ですよね。実に10倍以上もの発行枚数の差がついてしまっています。

中国のデビットカードは銀聯カード:

http://www.flickr.com/photos/46214148@N00/5839095284

photo by SimonQ錫濛譙

ちなみに中国におけるデビットカードのほとんどが、銀聯カードです。上記画像のようなUnionPayと書かれたマークを店頭で見たことがある…という方は多いのではないっでしょうか?

基本的には中国人が銀行で新規に口座開設をすると、この銀聯マークの入ったキャッシュカードが自動発行されます。このキャッシュカードそのものがデビットカードと呼ばれ、上記UnionPayのマークがあるお店で買い物に使える…という仕組みなのですねク(レジットカードとは異なり、銀行口座残高がある状態でなければ支払いに使うことは出来ません)。

以上、中国のクレジットカード平均保有枚数は1人あたり0.34枚!中国ではクレジットカードよりも、デビットカードのほうが主流です…という統計データでした。

PAGE TOP