クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

中国で発行されたクレジットカード総数が4億枚突破!そして銀聯ブランドのデビットカード発行枚数は約40億枚という途方も無い数に。

http://www.flickr.com/photos/46214148@N00/4836679849

photo by SimonQ錫濛譙

中国で発行されたクレジットカード総数が、2014年3月時点で4億枚を突破したようです。日本で発行されているクレジットカード総数が3億枚ちょっとであることを考えると、それほど枚数に差がないことがわかりますね。

2014年3月末時点で、中国において発行されている銀行カードの総数は、43億9100万枚に達した。中国国民1人当りの所有枚数は3.24枚になる。
発行枚数の内訳は、デビットカードが39億7700万枚。クレジットカードが4億1400万枚となっている。 

その代わり、デビットカードが圧倒的に多い:

クレジットカードの発行枚数だけを比較すると、中国経済なんて大したことない…なんて思ってしまうところではありますが、中国がほんとうに凄いのはデビットカードの発行枚数のほう。

その数、実に40億枚。

これは中国の人口が日本と比べて圧倒的に多い…ということもありますが、中国人1人あたり3枚程度のデビットカードを持っているというのも凄い話ですよね。その蓄積が、これだけ途方もない発行枚数に繋がってるようです。

40億枚ほぼすべてが銀聯ブランド:

そしてそのデビットカードのほぼすべてが、銀聯ブランドのデビットカードであるというのも驚異的。

結果、日本をはじめ中国以外の国では今、中国人観光客が必ず持っている銀聯カードをお店での支払い使えるようにしようと動いているのですね(銀聯カードが使えるお店を増やせば中国人観光客がお金を落としてくれやすくなる)。

  • 銀聯カードが使えないお店:中国人観光客がお金を使ってくれない
  • 銀聯カードが使えるお店:中国人観光客がお金を使ってくれやすい

以上、中国で発行されたクレジットカード総数が4億枚突破!そして銀聯ブランドのデビットカード発行枚数は約40億枚という途方も無い数に…というニュースでした。

参考リンク:

近いうちに中国に行く予定があるから、その前に銀聯カードを作っておきたい…という方は下記記事を参考に。中国で発行されている銀聯デビットカードではなく、クレジットカード版の銀聯カードの入手法をまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP