クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

中国でクレジットカード未払いが大幅増加!なんと不良債権化した金額は前年比で71.8%も増えたようです(中国人民銀行の統計データ)。

f:id:cardmics:20170409111250j:plain

先ほどは中国の不動産市況についての記事を書きましたが、同時に中国ではクレジットカードの貸し倒れが増えてきているようです。newsclipの記事から引用させてもらいます。

 中国人民銀行の統計によると、2013年末のクレジットカードの不良債権額は251億9200万人民元(4145億円)と、前年に比べて105億3400万人民元(71.8%)増加した。不良債権の増加幅は、2012年の36億2800万人民元から3倍近くに膨らんでいる。中国経済網などが9日付で伝えた。

いやはや、2012年比で71.8%増ですか…。下記のように比べてみると、よりもっと、わかりやすいと思います。

  • 2011年から2012年の増加額:約36億元
  • 2012年から2013年の増加額:約105億元

もちろん、中国全体のクレジットカード発行枚数が伸びている(2012年比で約18%増)こともあるので、金額のみだけで『不良債権が急増している』とは結論付けることは出来ませんが、それでも凄い伸びですよね。

不良債権化率は0.16%悪化:

上記newsclipの記事には中国における不良債権化率も掲載されていたので、こちらも引用させてもらいます。

カード情報を公開している9行を統計すると、クレジットカードの不良債権比率は13年末時点で1.44%。前年比で0.16ポイント悪化した。

まだまだアメリカの不良債権率と比べると大したことはありませんが、中国では欧米諸国とくらべてクレジットカード発行自体が難しい国なので、この比率増は結構、馬鹿にできない増加であると思います。

やはり中国経済は不景気に突入?

先ほどの不動産市況の悪化についてもそうですが、お金ってうまく回っている時には困らないものなんですが、一度なにかが悪化しはじめると一気に無くなっていくもの。

もしかするとそういった不景気の影が、このクレジットカード未払い増加からも見て取れるのかもしれません(この記事のように、リーマン・ショック直後のアメリカでもクレジットカードの不良債権化が問題になりました)。

以上、中国でクレジットカード未払いが大幅増加!なんと不良債権化した金額は前年比で71.8%も増えたようです(中国人民銀行の統計データ)…という海外ニュースでした。

参考リンク:

中国経済についてもっと知りたい…という方は下記記事も参考に。中国の不動産市場はバブルだと言われ続けていますが、その上昇にも陰りがみえはじめてきた…という話題になります。

news.cardmics.com

PAGE TOP