クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

キャッシュレス社会を希望する人は48.6%。金銭感覚が麻痺するとして、半数以上の51.4%はキャッシュレス化に反対のようです。

博報堂生活総合研究所が2017年12月15日付けで公表した統計データによると、将来、紙幣や硬貨などの現金を使う必要のない「キャッシュレス社会」になったほうがいいと思っている20~69歳の男女は、全体の48.6%という割合になったようです(引用はこちら)。

Q.近い将来、紙幣や硬貨などの現金を使う必要がない「キャッシュレス社会」になるのではないかといわれています。あなたご自身のお気持ちは「キャッシュレス社会」に「なった方がよい」「ならない方がよい」のどちらに近いですか?(単一回答)

f:id:cardmics:20180116184443g:plain

キャッシュレス社会の賛否について:

男性は賛成、女性は反対:

前述のように世論としてはやや、反対派が多いキャッシュレス社会化ですが、実は男性はどちらかというとキャッシュレス社会に賛成な方が多かった模様。

それに反して女性は…というと、やや強めにキャッシュレス化に対して反対しているという統計結果に。つまり女性の反対派が多かったため、全体の割合としてキャッシュレス社会に反対な割合が多くなったようです。

  • 男性:賛成が58.7%、反対が41.3%
  • 女性:賛成が38.5%、反対が61.5%

男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)

性別でみると、男女で意見は正反対。男性は賛成派(58.7%)、女性は反対派(61.5%)が多数となっています。

年齢があがるにつれキャッシュレス社会に賛成:

年代別の統計データについては下記表の通り。

男女ともに年齢があがるにつれてキャッシュレス社会への賛同割合が増えるというのは面白いですね。

f:id:cardmics:20180116185414g:plain

これについては過去にも同様の統計結果は多いのですが、どうやら年齢があがると「お釣り等を気にせずに支払いが出来る」という点にメリットを感じる方が多いために、キャッシュレス化を歓迎する統計結果が出やすい傾向にあるようです(この辺はまた、あらためて記事にします)。

キャッシュレス化に賛成の声は?:

では、キャッシュレス化に賛成している方の理由にはどのようなものがあるのでしょうか?こちらもいくつか抜粋して紹介させてもらいます。

現金を持たなくてよいから

  • 現金を持ちたくない。不潔だし、財布も重くなる(女性53歳・東京都)
  • 現金の出し入れで次の方を待たせる場合も多いので、持ち歩かない方が便利(女性63歳・茨城県)

利便性が高いから

  • 口座から現金をおろしたり、送金に手間がかかるより、利便性が上がりそう(男性54歳・東京都)
  • キャッシュレスは便利。でも、お金を手にしないのは少し淋しい気もする(女性54歳・青森県)

やりとりがスムーズだから

  • 通販もクレジットカードがあれば、振込や代引の手間もなくなる(女性30歳・愛知県)
  • レジの待ちの時間が減りそう(男性64歳・熊本県)

管理しやすいから

  • いつ何にお金を使ったかが、インターネットやアプリで管理できれば楽だから(男性39歳・宮城県)
  • 使用履歴が電子化され、閲覧や見直しができる(女性51歳・大阪府)

個人的に「ポイントが貯まりやすいから」とか、「お得だから」という理由が上位に来るのかな…なんて思っていたんですが、統計データを見る限りではそれ以外にメリットを感じている方が多そうな感じ。

特に「現金を持たなくてよいから」と「利便性が高いから」について賛同をしているキャッシュレス社会推進派の方が多い状況でした(下記表はその比率)。

f:id:cardmics:20180116190747g:plain

キャッシュレス化に反対の声は?

反対にキャッシュレス化に反対している方の声にはどのようなものがあるのか…についても引用させてもらいます(こちらは公平性を保つために全部、引用)。

浪費しそうだから

  • 使った感覚がない売買は湯水の如く金を使いそうで怖い(女性35歳・埼玉県)
  • 支払いの実感がなくなると、ためらいなく借金や浪費をする人が増えそう(男性26歳・京都府)

お金の感覚が麻痺しそうだから

  • 考えなしに買ってしまいそう。現金は減るのを実感でき、考えて買い物ができる(女性60歳・静岡県)
  • いくら使ったかがわかりづらい。支払い可能限度から逸脱する可能性がある(男性34歳・東京都)

お金のありがたみがなくなりそうだから

  • お金を稼ぐありがたみがわからなくなりそう(女性36歳・宮城県)
  • お金の価値が軽いものに変わってきてしまいそう(男性37歳・香川県)

現金は必要だから

  • システムがダウンして混乱を招く事態になった時、やはり現金はあった方がよい(女性52歳・東京都)
  • 電脳世界の通貨は何らかの障害や天災が発生した際、使い物にならない(男性42歳・大阪府)

犯罪が多発しそうだから

  • 暗証番号や個人情報が流出して、犯罪が起きる可能性がある(男性27歳・東京都)
  • システムの脆弱性などで不正が行われる心配もある(女性66歳・東京都)

やはり上位2つには「浪費しそう」と「お金の感覚が麻痺しそう」が選ばれましたが、どちらもまぁ、お金を使いすぎてしまいそうだからキャッシュレス社会は嫌だ…という意識が強いのかなという気がします。

また、災害時の対応や、個人情報漏洩などのセキュリティ面の不安も根強いみたいですね。個人的には燃えてしまったり、落としてしまえば戻ってくることのない現金よりも、クレジットカードや電子マネーのほうが安心かなと思えるのですが、この辺は人それぞれ感じ方が違うのでしょう(回答の比率については下記表を参照)。

f:id:cardmics:20180116191829g:plain

時代は徐々にキャッシュレス社会に:

ここまでキャッシュレス社会に関する賛否を紹介させていただきましたが、間違いなく言えるのは、この先、そのスピードが早いか遅いかはわかりませんが、世の中は徐々にキャッシュレス社会になっていくということ。

実際、下記の質問への回答が、その「流れ」というものを顕著にあらわしている気がします。

Q.次の支払い方法が占める割合は、最近2~3年で増えていますか、減っていますか。それぞれの支払い方法ごとにあてはまるものをお選びください。(各.単一回答)

f:id:cardmics:20180116192223g:plain

さてさて、どうなることやらですが、個人的には日本経済にもっと元気になっていってほしいので、1日でも早いキャッシュレス社会実現に期待したいなぁ…と思う日々です(どうしてキャッシュレス化すると経済が元気になるのかについては下記記事を参照)。

以上、キャッシュレス社会を希望する人は48.6%。金銭感覚が麻痺するとして、半数以上の51.4%はキャッシュレス化に反対のようです…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードは情報漏えいが怖い!不正利用されたらどうすんだ!という方は、下記記事を参考に。

日本国内で発行されているクレジットカードには盗難補償がしっかり備わっているので、仮に不正利用されたとしても被害額を0円にすることが出来ますよ(盗難保険を申請した場合)。

news.cardmics.com

PAGE TOP