クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード会社をかたる振り込め詐欺だと思って騒ぎになった、クレディセゾンの督促用電話番号について思うこと。

f:id:cardmics:20171119232851j:plain

本日、話題になっている『クレディセゾンをかたる振り込め詐欺グループから、督促状が届いた→調べてみたら正しい番号でした』という一連の流れについて。

これはほんと、クレジットカード業界としてどうにかしないといけない事案です。なにせこのままだとカード会社が督促電話をかけても、すべて振り込め詐欺扱いされちゃいますからね…。

この騒動の原因は電話番号検索サイトの間違い:

結局、なぜこのような騒動が起きてしまったかというと、電話番号検索サイトの情報が間違っていたことが原因なんですよね。ここに振り込め詐欺の電話番号だということが書かれていたことを、督促が届いた方は鵜呑みにしてしまったんだと思われます。

典型的な振り込め詐欺の番号です。一見本物の公共料金やクレジットなどに見せかけた請求書を送りつけるという手の込んだ手口。かなり悪質なものですので、振り込め詐欺の情報サイトでは刑事告発もかくやと言われているものです。

そんな間違いを産み出さないためにも、カード業界としては電話番号検索サイトの情報を常にチェックするか、運営会社に連絡をいれて正しい番号だということを伝える必要性がありそうな感じ。それでもまぁ、情報が改ざんされてしまう可能性などを考えると、100%、それですべて解決するかといえば、なかなか難しそうではあるんですけどね…。

尚、今後、振り込め詐欺だと間違える方が出ないように、上記番号ページには正しい記述を加えておきました(本来こういう仕事はクレディセゾンでやるべきだとは思います)。

JCBカードからの電話でも同じような対応があった:

ちなみにクレディセゾンだけでなくJCBカードの電話番号についても、間違った情報が書かれています(詳しくはこの記事)。

簡単にいうと、JCBを名乗る企業からかかってきた電話番号におりかえし連絡をしてみたら、個人情報を言えといわれたので怪しくて拒否した…という内容です。

留守電でJCB調査会社と名乗り、コールバックを要求しました。電話すると、本人確認のため氏名とJCBカード番号と生年月日を聞かれました。

氏名のみ答えて要件はなにかと尋ねると本人確認できないと要件は伝えられないとのこと。そちらから電話してきたのに要件がいえないのはおかしい、JCBを語ってJCBのカード番号を聞き出す詐欺グループではないかと尋ねると、答えに窮し、ここまでのご案内になりますとのこと。

JCBからの電話でカード番号を聞かれることなんてないんじゃないか。JCB調査会社じゃなくて、実は人にJCBのカード番号を聞いて調査している会社のようだ。

この対応は振り込め詐欺から自分の身を守るという意味では至極、正しい対応だと思いますが、クレジットカード会社側も個人情報保護の観点から情報開示できない状況なので、どちらかが折れないと話が出来ない状況なんですよね。

  • 私たち消費者:自分の個人情報を伝えたくない
  • 企業:個人情報保護法により本人確認なしでは情報開示できない

カード会社の対応もまた、正しいということです。

カード業界としても考えなくてはいけない問題:

f:id:cardmics:20171119233247j:plain

今後、消費者の防衛意識が高くなっていけばいくほど、こんな感じで企業が個人に対して電話をかけるのが難しい時代になっていきます。

そういう時にクレジットカード会社は、いかに振り込め詐欺だと思われないような対応ができるかを、真剣に考えるときが来ているのかもしれませんね。少なくとも今のままで良いはずはありません。

以上、クレジットカード会社をかたる振り込め詐欺だと思って騒ぎになった、クレディセゾンの督促用電話番号について思うこと…でした。

参考リンク:

クレジットカードに関連する犯罪を一通り知っておきたい…という方は下記記事も参考に。どういった不正があるのかを事前に理解しておくだけでも安心できるものと思いますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP