クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

株式上場をしているクレジットカード発行会社まとめ!クレジットカード業界の成長性に期待している方はこれらの関連銘柄に投資しよう。

f:id:cardmics:20171109093124j:plain

『クレジットカード業界はまだまだ伸びる!是非、投資してみたい!』と思う方のために、今回は株式上場をしているクレジットカード発行会社をまとめてみたいと思います。

株価低迷中のアプラスやUCS、フィンテック関連で話題になっているクレディセゾンなどなど、ひとことにクレジットカード発行会社としても様々な強みや特徴があるので、是非、みなさんは四季報や決算内容などを精査した上で、伸びそうな企業に投資をしてみてください。

きっと過払い金返還請求が激減する頃には、カード会社の株価は今の2倍や3倍になっているものと思いますよ(証券口座をまだ持っていない方は下記記事から先にどうぞ)。

株式上場をしているカード発行会社一覧:

8253 クレディセゾン:

クレディセゾンはセゾンカードやUCカードといったブランドを管理しているクレジットカード会社。

みずほフィナンシャルグループ系ではありましたが、最近では独立路線を強めていますね(みずほフィナンシャルグループはオリコを完全子会社化した)。フィンテック分野への投資にも積極的なので、大きく化ける可能性のある銘柄です。

契約社員を全員、社員に:

また、クレディセゾンは契約社員をすべて正社員にしてしまうなど、従業員への福利厚生に定評があるのも魅力(引用はこちら)。

クレジットカード会社のクレディセゾンは8月14日、従業員が能力を発揮しやすい労働環境作りを目的に、人事制度を刷新すると発表した。複数の社員区分を設けて異なる雇用期間や給与体系を設定している現行制度を撤廃し、全員の処遇を統一した共通制度を9月16日から導入する。

株式投資の世界では近年、こういった社員待遇が良い企業に注目が集まりやすい傾向にあるので、そういった意味でも長く付き合える銘柄になるのではないでしょうか?

8585 オリエントコーポレーション:

オリエントコーポレーションはその名称よりも、オリコという名前のほうが一般に浸透しているカード発行会社です。

みずほフィナンシャルグループ傘下のカード発行会社なので、今後、みずほの勢いがあがればそのままこちらの株価にも反映されそうな銘柄。メガバンクの復活に期待してるなら、こちらにも投資を是非、お願いします。

過払い金返還請求で苦しんだ会社:

また、オリエントコーポレーションは過去10年に渡り、過払い金返還請求で苦しめられてきた会社なので、過払い金返還請求の多くが時効を迎える2018年以降には営業利益率の回復が見込める点もメリット。

つまり、そろそろ反転する可能性が高いので、投資資金を2倍、3倍にしたい方はオリコで夢を見るのも面白いと思いますよ。

8570 イオンフィナンシャルサービス:

イオンフィナンシャルサービスはイオングループのイオン銀行やイオンカードといった金融会社を束ねている持ち株会社。

純粋なクレジットカード発行会社ではありませんが、イオン銀行も非常に勢いがある状況なので、総合的に「イオンは伸びる!」と思う方の投資先としては面白いかもしれません。こちらも化ける銘柄のひとつであると思います。

8584 ジャックス:

ジャックスは三菱UFJフィナンシャルグループのクレジットカード会社です。

漢方スタイルクラブカードやリーダーズカードといった高還元率ポイントカードで有名になりましたが、最近では少し攻勢を弱めている感がありますね。

ちなみに三菱UFJ銀行が20%の株式を保有しているので、万が一の時にも助けてくれそうという安心感が強みといったところでしょうか(倒産する可能性が低いということ)。

8589 アプラスフィナンシャル:

アプラスフィナンシャルは新生銀行系のクレジットカード会社です。

最近だとTポイントカード機能をつけたクレジットカード発行を強化している状況があるので、Tポイントの普及や活用に未来を感じる方はCCCとともにこちらも持っておくと株価上昇が見込めるかも。

実際、Tポイントの利用者が増えるとこちらの経営にもプラスのメリットがあります。

浮遊株が非常に少ない:

尚、アプラフフィナンシャルは浮遊株がかなり少ないため、株価があがりやすく下がりやすい状況あり。

加えて低位株なので、1円2円の株価変動で資産が一気に目減りすることも多いです。併せてご注意ください(逆に言えば大きく儲かることもあるということ)。

8519 ポケットカード:

ポケットカードはファミマTカードやP-oneカードの発行で有名な、元三洋信販系のクレジットカード会社です(ポケットバンクで有名だった消費者金融)。

今では三井住友フィナンシャルグループ、伊藤忠、ファミリーマートの3社が主な株主になっているので、成長力は高いかもしれませんね。

加えてサークルKサンクスの店舗がすべてファミリーマートになるというのも追い風。ファミマTカードの発行枚数は間違いなく伸びていくことでしょう*1

8787 UCS:

UCSはサークスKサンクスやアピタといったショッピングモールを運営していた、ユニーという企業傘下のクレジットカード発行会社です。

ご存知のようにユニーはファミマに合併されてしまう予定なので、このUCSというクレジットカード会社が今後、どうなってしまうかまったくわかりません。ポケットカードあたりと合併するのが規定路線といったところでしょうか。

うまくハマれば爆発的に株価があがる:

f:id:cardmics:20180505152347j:plain

最後に。

日本社会はまだまだ現金払いが多い状況なので、これらの支払いがすべてクレジットカードやデビットカードに切り替わっていくことになれば、クレジットカード関連銘柄の暴騰に繋がる可能性も大。

また、日本政府もクレジットカードや電子マネーの利用率を従来の2倍、3倍に引き上げようとしているので、クレジットカード関連銘柄=国策銘柄であるという点も見逃せません。

つまり、化ける時は化ける銘柄…といった感じでしょうか。

何年も株価は低空飛行:

では、現実的にクレジットカード関連銘柄は魅力的なのか…というと、過去10年を見る限りだと酷いものがありますね。

クレジットカード決済金額は増えているにも関わらず、株価は鳴かず飛ばずといった感じなので、過度にこのセクターにお金を振り分けるのはちょっとハイリスクかも。

あくまでほどほどに投資をし、暴騰したらラッキーくらいの気持ちで銘柄選びをしてもらえればなと思います(投資をまだしたことがない方は下記記事も参考に)。

以上、株式上場をしているクレジットカード発行会社まとめ!クレジットカード業界の成長性に期待している方はこれらの関連銘柄に投資しよう…という話題でした。

参考リンク:

フィンテック分野への投資も検討している…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。

クレジットカードを発行する側だけでなく、クレジットカード決済端末を作っている会社などにも期待できますよ。

news.cardmics.com

*1:ポケットカードとUCSは上場廃止予定です。

PAGE TOP