クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自分が持っているクレジットカードがそのお店で使えるかどうかは、店頭に貼られているロゴリストのどこを見て確認すべきなのか?

f:id:cardmics:20150129000251j:plain

自分が持っているクレジットカードが、そのお店で利用可能かどうか。

たとえば上記画像のように、カード会社のロゴがこれでもかっ!と並んでいる場合、『私が持ってるこのカードは、本当にこのお店で使えるんだろうか?』と不安になってしまう方は多いと思います。

  • カード会社のロゴを発見:カードをその店で使う
  • カード会社のロゴがなかった:カードを使うのをためらう?

そこで今回は、店頭に貼られているロゴリストのどこを見れば、自分のクレジットカードが使えるかどうかがわかるのか?という点を簡単に解説してみます(初心者向け記事)。これを読んでいただければ今後はオドオドせずに、クレジットカード払いができるようになるはずですよ。

ロゴリストのどこを見れば使えるかわかるのか?

まず、結論から先にいってしまうと、自分が持っているクレジットカードを発行している会社ロゴが店頭にあるかどうかは、実はまったく重要ではありません。

『私は楽天カードを利用しているから、楽天のロゴがあるかどうかをいつもチェックしている(楽天ロゴがないと使えないと思って使わない)。』とか、『私が持っているのはオリコカードだから、オリコのロゴをつい探してしまう…』なんてことをしなくても、全く問題はないのです。

確認すべきは5つのロゴマーク:

ではどこを確認すべきなのかというと、それが下記画像の赤枠の中のみ。

この5つのマーク(VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ)のうち、どれかが日本で発行されているクレジットカードには入っているはずなので、そのマークがあるかどうかのみを確認すれば良いのです。

  • 不正解:楽天カード保有者は、楽天ロゴが表示されているか確認
  • 正解:楽天カード保有者は、カードに付いている下記5つのロゴを確認

f:id:cardmics:20150129001333j:plain

上記画像のケースでいえば5つのブランドすべてが表示されているので、このお店では日本で発行されている99%以上のクレジットカードが使えると思って間違いありません。

イオンカードでもライフカードでも、ジャックスカードでもオリコカードであっても、これらのロゴマークがカード表面に見つけられたなら、問題なく支払いに使えます。

確認すべきは国際ブランドのみ:

このように、店頭で確認すべきなのは自分が持っているクレジットカードを発行している会社ではなく、VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースクラブという5つのロゴマークのみ。

これらのうち、どれが表示されているかで、自分のクレジットカードがそのお店で使えるかどうかがわかるようになっているのですね(5つのロゴマークについて詳しくは下記記事を参照)。

以上、自分が持っているクレジットカードが使えるかどうかは、店頭に貼られているロゴリストのどこを見て確認すべきなのか?…という疑問解決記事でした*1

参考リンク:

自分のクレジットカードが使えるかどうかについてわかったところで、次は「みなさんが持っているそのクレジットカードはほんとうにお得なのか?」というところにも気をつけてみてください。クレジットカードの中にはポイントが貯まりやすいものと貯まりにくいものがありますよ(詳しくは下記記事にて)。

cards.hateblo.jp

*1:そもそも、お店側もわざわざクレジットカードの国内ブランド(イオンカードとか楽天カード)とかのロゴを表示する必要性もないのに、こうやって提携しているすべてのクレジットカード会社を表示してしまうから、消費者を混乱させてしまうわけです。まぁ出光カードなど、ハウスカードを発行していたことがあるカードブランドであれば重要なことではありますが、ハウスカードの発行をしたことがないカードブランドまでを表示する必要性はわかりませんね(稀に必要な場合もありますが、大抵はクレジットカード会社のブランド戦略の一貫でしかありません)。

PAGE TOP