クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード発行会社別のカードショッピング取扱高ランキングまとめ!日本ではどのカードブランドが買い物で使われているのか?

クレディセゾンの2014年度の決算報告を眺めていたら、各クレジットカード発行会社の決済額ランキングが掲載されていたので、紹介させていただきます(こちらより引用)。

これを見れば日本国内でどのクレジットカードが買い物で使われているのか、すごくわかりやすい円グラフになるのではないでしょうか?

f:id:cardmics:20151017153846g:plain

カードショッピング取扱高を書き起こし:

画像が見難い方のために、数字の書き起こしは下記の通り。ランキング1位のクレディセゾンの割合の中には、クレディセゾン単体と出資先の出光クレジットなどのカードショッピングを含みます。

  • クレディセゾン:16.1%
  • 三井住友FG(三井住友カード、セディナなど):15.6%
  • 三菱UFJ FG(三菱UFJニコスやジャックスなど):14.7%
  • イオンフィナンシャル:9.0%
  • JCB:8.5%
  • トヨタファイナンス:7.8%
  • 楽天カード:6.4%
  • オリコ:3.7%
  • VIEWカード:3.5%
  • MIカード:2.4%
  • エポスカード:2.1%
  • アプラス:1.6%
  • セブン・カードサービス:1.5%
  • その他地銀FCなど:7.0%

シェア別で見えるメガバンクの強さ:

ご覧いただければわかる通り、見事なまでに三菱UFJフィナンシャルグループ系、みずほフィナンシャルグループ系、三井住友フィナンシャルグループ系の3つのメガバンク関連のクレジットカード会社が、日本のカード業界を占拠しているのがわかるグラフですよね*1

これにJCBやオリコを加えれば取扱高はもはや過半数オーバー。やはりメガバンクの力というのは計り知れないなーと思います。

トヨタファイナンスの躍進はエネオスカード:

次にちょっとカード業界に詳しい方であれば気づくかもしれないのがトヨタファイナンスの取り扱いシェアの高さ。

「トヨタのディーラーでカードを作る人ってそんなに多いの?」と思われるかもしれませんが、これは近年、トヨタファイナンスがガソリンスタンドの最大手、エネオスのクレジットカードであるエネオスカードの発行を担当している影響が大きいと思われます。

引き続きエネオスカードは発行も利用も順調そのもののようなので、トヨタファイナンスのシェア拡大はまだまだ続きそうな感じ。トヨタ車の販売も景気とともに伸びていけば、JCBを超える時は近いのかもしれません(逆に言えばJCB、大丈夫か…という状況)。

2014年版は楽天カードが躍進:

http://www.flickr.com/photos/20538653@N00/14856861681

photo by Mark Hodson Photos

ここまで2013年版のカード会社別ショッピング取扱高ランキングを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

この次に発表されるであろう2014年版、2015年版では、先日も記事にさせていただいた通り、今、業界の台風の目になっている楽天カードの取り扱い比率が更に伸びてくると思います。

実際、クレディセゾンではメガバンク系のクレジットカード会社よりも楽天カードを対抗馬として考えている節があるので、今後、勢いのあるこの両社がどのように陣取り合戦を勝ち抜いていくかにも注目が集まりそうですね。またクレディセゾンの2015年度決算報告が出た際には記事にさせてもらいます。

追記:2015年度決算報告説明が出ました:

追記です。2015年度の決算報告書がクレディセゾン側から出たので、変化に興味がある方はそちらをご覧ください。やはり楽天カードの比率が高まっているのが印象的でした。

以上、各クレジットカード発行会社のカードショッピング取扱高ランキングまとめ!日本ではどのカードブランドが買い物で使われているのか?でした。

参考リンク:

クレジットカードをこれから作ろうと思っている方は、下記記事なども参考にどうぞ。初心者の方向けのおすすめカードを厳選しています。

*1:クレディセゾンはみずほから20%未満の出資しか受け入れていないので、みずほフィナンシャルグループ系と言わないケースもある(独立系クレジットカード会社)。

PAGE TOP