クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

図解でわかる、クレジットカード審査の流れ!カード申込から自宅に郵送されてくるまでの流れを理解して、入会審査に強くなろう。

Credit Card With Money Ver3

今回はクレジットカード初心者の方を対象に、クレジットカード審査の流れをわかりやすく紹介していきたいと思います。

これを見ていただければクレジットカード申込から発行までの流れがカンタンに理解できるようになるはずなので、是非、時間を見つけて読んでみてください。きちんと理解しておけば自ずと、カード審査にも通りやすくなるはずですよ(クレジットカードの仕組みからわからない方は、下記記事から先にどうぞ)。

クレジットカード審査の流れ:

ここからクレジットカード審査の流れを紹介していきたいと思います*1。まずはクレジットカードを公式サイトや申込書を使って、申し込むところからです。

f:id:cardmics:20150519104517g:plain

クレジットカードの申込は、各クレジットカード会社の公式サイトから行うと簡単そのもの。

最近ではパソコンからだけでなく、スマートフォンなどの携帯電話からの申込にも対応してくれているので、電車移動中やランチ休憩中に申込をしてしまう…なんてことも出来ます。時間にしてだいたい、10~15分程度だと捉えておいてください。

個人信用情報機関にてあなたの信用力を確認:

次が少し難しいところです。

あなたから『クレジットカードが欲しいんだけど…』という依頼を受けたクレジットカード会社は、個人信用情報機関(こじんしんようじょうほうきかん)という場所に連絡をして、あなたの過去&現在のクレジットカード利用履歴などを確認します。 

この個人信用情報機関にはざっくりというと、下記のような情報が保管&管理されているので、クレジットカード会社はそこの情報さえ確認すれば『あなたという人間が信用できるかどうか(お金を貸しても返してくれるかどうか)』を判断することが出来るのです。

f:id:cardmics:20150519104522g:plain

f:id:cardmics:20150519104519g:plain

上記画像のように個人信用情報機関に問い合わせをすれば、○○カードで30万円の借入があって、△△銀行で車のローンが200万円ある…といったことがわかるようになります。

この時、あなたがすでに利用しているクレジットカードの返済を踏み倒していたり、消費者金融で借金ばかりしている人だということがわかると、クレジットカード会社は『この人にクレジットカードを渡しても、使ったお金をきちんと返済してくれないんじゃないか?』と判断し、カード発行してくれない場合があります。

これがいわゆるクレジットカードの審査落ち。カード会社も商売なので、信用に値しない人にはクレジットカードを発行することができないのですね。

f:id:cardmics:20150519104513g:plain

このように現在利用しているクレジットカードや消費者金融での使い方が悪い場合、いくらバレないだろうと思って他社のクレジットカードを申し込んだとしても、個人信用情報機関に登録されている情報が確認されてしまえばすぐにバレます。

そのため、カード会社では申込書にかかれている内容よりも、個人信用情報機関に登録されている情報を重視して、あなたという人間が信用に値する人間かどうかを確認します。結果、利用履歴が問題がなければ審査継続、問題があれば審査落ちということになるのですね。

  • 信用情報が良い人:カードが発行される可能性が高い
  • 信用情報が悪い人:審査に落ちる可能性が高い

信用情報に問題がなければ申込内容の確認:

その後、個人信用情報機関に掲載されている情報に問題がないとカード会社が判断された場合には、クレジットカード会社は申込された申請内容に間違いがないかどうかの確認に入ります。

たとえばあなたが勤務している会社に電話をして、本当にあなたが在籍しているかどうかの確認をする在籍確認(ざいせきかくにん)が有名ですね。

カード会社が『○○課の○○さんはいらっしゃいますでしょうか?』と電話をして、ほんとうにそういった人が社内に居るかどうかの確認をするのです。

f:id:cardmics:20150519104518g:plain

どこかの企業に勤務している方でない場合には、申請された自宅に電話をして確認をする在宅確認などになる場合もあります。私のような個人事業主の場合だと、電話にてどんな仕事なのかと事業内容を聞かれることもありますね。

  • 会社員の方:会社に電話をする在籍確認が行われる
  • 個人事業主の方:自宅に電話をする在宅確認が行われる
  • 年金受給者の方:自宅に電話をする在宅確認が行われる

尚、あなたの信用力が高い場合には、在籍確認や在宅確認がない場合もあります。

これはクレジットカード会社が『わざわざ確認するまでもなくこの人にはクレジットカードを発行しても大丈夫だろう』と判断した結果。つまり在籍確認等がないのにカード発行された=信用されていると思ってOKです(在籍確認されたくない方はこちらの記事も参考に)。

社内で審議が行われる:

そうして申込内容に間違いがないことがわかると、ここでクレジットカード発行をしても大丈夫かどうかの社内審議に移ります*2

f:id:cardmics:20150519104521g:plain

上記画像のように、あなたの信用力次第でどのくらいの金額まで使えるクレジットカードを発行するかが定まります。もちろん信用力が高ければ百万円以上の買い物ができるクレジットカードが届きますし、反対に低ければ10万円しか使えないカードが届くこともありますね。

  • 信用力が高い:使える金額の多いカードが届く
  • 信用力が低い:発行してもらえた場合でも、使える金額が少ないカードが届く

その後、晴れて自宅にクレジットカードが郵送されてくることになります。

f:id:cardmics:20150519104515g:plain

この際、最近では本人限定受取郵便など、クレジットカードを申し込んだ本人しか受け取ることができない郵便で届けられることが増えているので、その点はご注意ください(佐川急便やクロネコヤマトで届く場合も同様)。

当然、家族に代行して受け取ってもらうことも出来ません。

クレジットカード審査通過と審査落ち:

これでクレジットカード審査の流れはだいたい、わかったのではないでしょうか?更に理解度を深めるため、私達、消費者側から見たクレジットカード審査通過と審査落ちについても解説しておきます(下記画像参照)。

f:id:cardmics:20150519104524g:plain

f:id:cardmics:20150519104525g:plain

結局、こんなふうにクレジットカード審査が通るかどうかというのは、あなたの信用力が高いかどうかでだいたい決まります。

信用力を高めるためには、すでに持っているクレジットカードを健全に利用してみたり、安定した職業に転職してみたり、勤務先に長く勤めることなどが重要…なんですが、まぁはじめてクレジットカードを作る場合にはよほどのことがない限り審査に落とされることはありません。特に学生の方や新社会人の方は、審査落ちを心配する必要すらないことでしょう。

それでもカード審査に通るかどうか不安だという方は、下記のはじめての方向けクレジットカードなどを申し込むようにしてみてください。基本的には年会費無料のクレジットカードほど審査に通りやすく、ゴールドカードやプラチナカードなどのお金持ちカードほど審査に通りにくくなっているため、まずは年会費無料カードからはじめてみるのがおすすめですよ。

以上、図解でわかる、クレジットカード審査の流れ!カード申込から自宅に郵送されてくるまでの流れを理解して、入会審査に強くなろう…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードが欲しいけど、申し込むためにはまだ不安が少し残っている…という方は、下記のQ&Aをまとめた記事もあわせてご覧ください。クレジットカードに関する疑問がまるっと解決できるはずです。

news.cardmics.com

*1:今回の記事は初心者向けの解説記事なので、ざっくりと解説しています。それぞれの詳細についてはクレジットカードの読みものの他の記事を参照ください。

*2:実際には在籍確認の電話前には発行するかどうかは決まっていると言われています。信用に値しない人にはわざわざ電話をかけて、在籍確認をする必要性がないためですね。

PAGE TOP