クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード退会後、気が変わったので再入会したい場合の注意点まとめ!国際ブランドを切り替えるための申込の際にも。

f:id:cardmics:20170622214045j:plain

クレジットカードを解約したけれども、やっぱりよくよく考えてみたら必要なカードだったから再入会したい…というケースって、結構多いものなんですよね。

個人的にはもうちょっと考えてから解約してほしいなと思う反面、人間の心理なんてコロコロ変わるのが当たり前なのかも。

そこで今回はそんな「解約しちゃったけど再入会したい」という移り気な方向けに、クレジットカード再入会における注意点をまとめてみたいと思います。同じクレジットカードをまた手に入れたい方は、是非、参考にしてみてくださいね。

クレジットカード再入会の注意点まとめ:

1.再入会でも入会審査は通常と一緒:

『もともと、そのクレジットカードを使っていたんだから、再入会は簡単だろ?』と思われるかもしれませんが、再入会審査に関しては通常の新規申込審査と同じレベルが適用される場合が多くなっています。

そのため、カード保有中に信用力が落ちてしまっている方の場合や、カード会社が審査基準を厳格に変更してしまっていた場合には、以前は審査通過できたのに再入会時には落とされる…なんてことも。

特に退会後に保有カード所有枚数が多くなっていたり、消費者金融などからの借入が増えていた場合には要注意ですね。審査に落ちる可能性があることを覚悟しておきましょう。

解約する前の使い方が重視される:

また、解約する前にそのクレジットカードを使っていたかどうかも重要視されます。

例えばカード会社の立場になってみればわかりやすいのですが、解約する前にあなたがその対象クレジットカードを1度も使っていなかったとする。そういう人が『またカードを発行してくれ!』と連絡してきたら、発行したくないと思うのが心理というもの。

『どうせカードを発行してあげても、また使わないんでしょ?』と思われるのが関の山です。

  • 当該カードをよく使っていた利用者:再発行されやすい
  • 当該カードを使っていなかった利用者:再入会させても無駄と思われてしまう

ちなみに年会費無料のクレジットカードでも、カード会社が負担している発行費は当然ながら0円ではありません。

カード発行費用からカード郵送代、そして毎月の維持メンテナンスまで様々なコストがかかっているわけですから、使わない利用客にはカードを渡さないという選択肢をされる可能性も十分にありえます。

2.再入会に厳しいカード会社も:

クレジットカードの再発行はすぐには絶対にしない!という方針をとっているカード会社も存在します。たとえばアメックスは解約から1年間は再発行しないという方針をとっている…という話を聞きます。つまりいくら信用力が高い人が再入会を希望しても、すぐには入会を許してくれない場合があるのですね。

このあたりの再入会が許される期間というのはカード会社によって異なるので、気になるようであれば再入会前にカード会社に相談してみると良いでしょう。

ちなみに楽天カードのように解約→3日後に即再入会がOKなクレジットカード会社もありますよ*1

国際ブランドの切替の再入会は?

では、国際ブランドを切り替えるために行う再入会時でも、再入会に厳しいカード会社はあるのでしょうか?(楽天JCBカード→楽天VISAカードなどのブランド切替)

これについては正直、カード会社の審査基準によるものなので一概になんとも言えません。しかし保有クレジットカードの国際ブランドをどうしても切り替えたいのであれば、解約前にカード会社に相談をしてから行ったほうが無難。カード会社側でもある程度の手心を加えてくれる可能性があるためです。

少なくとも相談もなしに解約するようなことは絶対にしないようにしてくださいね。再入会しようとしたら審査落ちしてしまった…なんて目に合う可能性が高まりますよ。

3.入会キャンペーンなどの特典は貰えない:

最後にですが、入会キャンペーンを何度ももらおうと解約→再入会を繰り返そうと思っている方も多いのですが、これは当然ながら、再入会は入会キャンペーン当選の対象とはなりません。いくら頑張っても無理なものは無理なので、諦めてください(詳しくは下記記事参照)。

逆にこれを許してしまったら、クレジットカード会社自体が破綻しかねません。カード会社もそこまで馬鹿ではないので、誤った情報を元に挑戦しないようにしてもらえればと思います。

解約時にポイント失効してしまう場合も:

クレジットカードを解約、国際ブランドを切り替えて再入会…という作業をする場合でも、カード解約という手続きを行う都合上、保有していたカードポイントがすべて失効してしまう可能性があります。

このあたりも含め、カード解約には大きなリスクや損失がつきまとうものなので、どうしても我慢ならない時以外は再入会はしないほうが無難でしょう。仮にそれでも…と思うなら、前述のようにカード会社に相談の上、再申込をしてくださいね。

解約をする場合には熟考してから:

f:id:cardmics:20170622213637j:plain

このように再入会だからといって審査が簡単になるわけではないので、クレジットカードを解約する際にはほんとうにそのカードがいらないかどうかをじっくり考えた上で、解約するようにしてくてださいね。

以上、クレジットカード退会後、気が変わったので再入会したい場合の注意点まとめ!国際ブランドを切り替えるための申込の際にも…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードの仕組みがまったくわかっていない…という方は、下記の図解記事も参考に。再入会したいなら、カード会社にとって良いお客さんになることも重要です。

news.cardmics.com

*1:楽天カードは解約直後に再入会できるわけではなく、3日程度の猶予期間が必要になるとのことなので、正確には即再入会というわけではありません。

PAGE TOP