クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの関連犯罪まとめ!詐欺や不正被害から身を守るために、どんなカード犯罪があるのかを把握しておこう。

Credit Crunch

今回は詐欺や不正などの被害から身を守るために、クレジットカードに関連する犯罪をまとめておこうと思います。

「なんだかクレジットカードって怖い…」と思っている方は、予めこれらの犯罪に関する知識を付けて、自己防衛をするようにしてくださいね。

クレジットカードの関連犯罪まとめ:

1.スキミング詐欺:

スキマーと呼ばれる小型装置を使って、あなたが保有しているクレジットカード番号や有効期限などの情報を盗み取るのがスキミング詐欺です。

過去にはタクシー運転手によるスキミング詐欺や、銀行ATMにスキマーを設置することでカード情報を盗む…なんてものもありましたね。クレジットカードの関連犯罪=スキミング詐欺というくらい、ちょっと前に社会問題になった詐欺でもあります。

但し、最近ではクレジットカードがICカード化された結果、スキミング犯罪は減少傾向…。技術革新によりクレジットカードそのものが複製しにくい状況になってきるので、今後もスキミング詐欺による被害は減っていくことでしょう。

2.フィッシング詐欺:

公式サイトそっくりの偽サイトを作成し、本物だと思った利用者からクレジットカード情報などを盗み取る詐欺がフィッシング詐欺です。最近では不正サイトの質が高くなり、本物との区別が付かないものも出てきているため、今、一番注意してほしい関連犯罪ですね。

手口として主流なのは、名簿業者等から購入したメールアドレスに対して『あなたのクレジットカードの暗証番号が漏洩しました!新しい暗証番号への切替をお願いします!』といった内容のメールを送り、利用者に正しい暗証番号を入力させるというもの。

特に迷惑メール等に不慣れな方だと、こういったメールを受信するとかなり動揺してしまうようで、フィッシング詐欺犯に言われるがままに個人情報やカード番号、暗証番号等を入力してしまうようです(下記の事例は極端ですが、フィッシング詐欺ではこういったメールを無作為に送信して暗証番号等を盗み出します)。

3.クレジットマスター:

クレジットマスターとは、コンピュータープログラムを使って「使えるクレジットカード番号」を探しだす不正のこと。

要するに適当にカード番号を突っ込んで使えるかどうかを確認し、ダメならまた違う番号を入力して確認、それもダメなら次の番号を…といった具合に使えるカード番号を探し出し、見つかった有効番号を悪用してしまうというものですね。

ちなみにここ最近、コンピューターの性能が向上したためか、また少しこのクレジットマスターが問題になりつつあるような感じ。防ぎようのない犯罪なので、自分の保有クレジットカード番号が悪意のある方にバレてしまったとしたら、運が悪かったとしかいいようがありません。

cards.hateblo.jp

4.カード送りつけ詐欺:

偽物のクレジットカードやキャッシュカードを送りつけて、正規のカードをだまし取る…なんて詐欺もあります。それが「カード送りつけ詐欺」です。

その手口は非常にカンタンではあるものの、いきなり銀行やクレジットカード会社から「あなたのカードが不正利用されています。こちらのカードに切り替えて、返送ください(暗証番号も記入してね)!」と言われたら、それなりに多くの方が騙されてしまうもの。

しかし、銀行なりカード会社がそのような返送を求めることはありえない&暗証番号を記入させることなどないので、そういった封筒が自宅宛に届いたとしたら、そっとゴミ箱に捨ててOKですよ。

cards.hateblo.jp

5.名義貸し詐欺:

「かなり儲かるバイトがあるんだけど?」といった勧誘をして、巧みにクレジットカードを作らせ、それを不正取得するのが名義貸し詐欺です。

手口については実はシンプル。

「クレジットカード会社に勤務しているんだけど、モニター調査として作って欲しい」とか、「クレジットカード会社に対して実績を作らないといけないから、1枚、協力してくれないか?」といった形でカードを作らせて、巧みにそれを回収するのがこの詐欺の特徴ですね。

友人や知人から頼まれるのが特徴:

ではなぜこんな単純な手口に騙されてしまうのでしょうか?

それは名義貸し詐欺では友人や知人を通して依頼されることが多いため。見の知らずの人に「カードを作ってください」と言われれば断る方も、友人から儲かるバイトがあると言われればホイホイとついていってしまうことがあるために、結果的に広まってしまっているのですね。

特に先輩や上司等から依頼されると断りにくいというのもあるので、名義貸し詐欺だなと思った時にはくれぐれも毅然とした態度で断るようにしてもらえればと思います。

cards.hateblo.jp

6.コンピューターウィルス被害:

最後はこれ。コンピューターウィルスによるクレジットカード情報不正取得です。

このコンピューターウィルスによる詐欺の手口としてはフィッシング詐欺に近いものがありますが、違うのは「本物の公式サイト経由で情報を盗まれる」という点。

つまりフィッシング詐欺では本物そっくりの偽ウェブサイトを作ることでカード情報を抜き取りますが、コンピューターウィルスによる詐欺では公式サイトにアクセスした方をウィルスによって別サイトに移動させてしまう分、悪質なのです。

  • フィッシング詐欺:偽サイトに誘導
  • コンピューターウィルスによるもの:本物サイトで詐欺

詳しくは下記記事にまとめてあるのでご覧ください。

cards.hateblo.jp

不正被害を受けたらカード会社に連絡を:

won't hurt you no more

ここまで6つほど、クレジットカードに関連する犯罪&詐欺をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?たぶん、多くの方が「クレジットカードって怖いな…」と思ってしまったかと思います。

しかし、みなさんに安心してほしいのは、クレジットカードには盗難保険という保険が備わっているため、仮に詐欺によって100万円、不正利用されてしまったとしてもみなさんの負担額は0円。つまり被害額を負担する必要はありませんよ(正しく保険を申請した場合)。

詳しくは下記記事をどうぞ。

以上、クレジットカードの関連犯罪まとめ!詐欺や不正被害から身を守るために、どんなカード犯罪があるのかを把握しておこう…という話題でした。 

 

PAGE TOP