クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

私のカードサインが高速すぎて、店員に気付いてもらえないケースがあるという雑談。もはや文字に見えない象形文字のサインです。

http://www.flickr.com/photos/97223988@N00/11017165745

photo by Flооd

私は常に英語の筆記体でクレジットカードのサインを書いているんですが、これ、あまりにも書き慣れてしまったためか、スラスラっと1秒もあればサインを完了させることが出来るようになってしまいました。

最近では誰がみても英語のアルファベットとして認識することは出来ず、象形文字のように見える始末…。自分でもどれがどの文字だかわかりません(笑)。

試しにこんな感じのサインをしているよーというのを書いてみました。ご覧の通り、どこの言語かすらわからないかと思います(実際の私のサインとは違いますよ)。

f:id:cardmics:20140628144534g:plain

普通ならサインには時間がかかる:

お店の店員側からしてみるとそんな高速サインをするお客さんはレアみたいで、大抵、私がカードサインをしている間に違う作業をしようと動こうとする。普通であれば漢字のフルネームサインが圧倒的多数でしょうから、クレジットカードのサインには5秒程度の時間がかかるもんだ…って思うわけです。

  • 普通のお客さん:サインに5~10秒程度はかかる
  • 私の場合:カードサインは1秒で終わる

サインしたのに気づかれない:

しかし、前述のように私のサインは1秒で終わってしまうため、稀に店員さんが『サインをしたことに気付かない』ケースなんてものも…。

なにせちょっと目を話して他の作業をしはじめた瞬間にはサインが終わっているので、『なんでこのお客さんはサインをしないで立っているんだろうか?』って思われてしまうんですよ。

こうなると数秒程度、店員さんと見つめ合うことになるか、苦笑いを浮かべられることになります(笑)。

カードサインが早いのも考えもの:

http://www.flickr.com/photos/49273060@N04/12273543765

photo by Nando.uy

このようにクレジットカードの署名サインを書くのが早いのも考えものなわけですが、まぁ無駄に時間をかけてサインをするよりは効率がいいと思うので、私は引き続き、1秒サインを続けていきたいなと思います。

以上、私のカードサインが高速すぎて、店員に気付いてもらえないケースがあるという雑談。もはや文字に見えない象形文字のサインです…という話題でした。

参考リンク:

この記事中でも書いている通り、クレジットカードの署名サインというのはなにも漢字でなくてはいけない…というものではありません。私のように英語でも、カタカナでも平仮名でも構わないので、『私もサインを簡単にしたい!』と思う方は下記記事などを参考の上、変更してみてくださいね。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP