クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

仕事経費をクレジットカード払いしている経営者たちは、生涯、使い切れないほどのポイントやマイルを獲得している…という話。

f:id:cardmics:20180505153200j:plain

最近、接待交際費や仕入れ料金などの仕事関連費用を、クレジットカードで支払いしている…という経営者が増えつつあります(詳しくは下記記事にて)。

これ、私生活におけるカード決済金額なんてたかがしれていますが、会社経費の精算をクレジットカードで行うとすると、その金額はとんでもなく大きく膨れることに。

結果、会社経営者の元には信じられないような、多額のポイントやマイルが貯まることになります*1

法人カード導入で貯まるポイントについて:

実際、私の友人にもB to B、つまり取引先企業への支払いをクレジットカード払いしている経営者は多いのですが、彼らが溜め込んでいるポイント数はまさに驚愕。

『たぶん、生涯使い切ることは出来ないだろうな…』というくらいに凄まじいポイント数になっていることも多いです(ポイントだけで高級車が何台も貰えるレベル)。

獲得できるポイントは膨大:

例えば毎月広告費で1,000万円を使っている中小企業経営者の場合、月間、獲得できるポイント数は約10~15万程度*2。これが1年間継続すると、それだけで120~180万程度のポイント獲得になります。

  • 月間獲得ポイント数:10~15万ポイント
  • 年間獲得ポイント数:120万~180万ポイント

仮にこのポイントをすべて日本航空(JAL)や全日空(ANA)といった航空会社のマイルに交換すると120万~180万マイルに交換可能。

まぁあまりマイルに詳しくない方だとピンと来ないかもしれませんが、これだけのマイル数があればヨーロッパやアメリカなどへファーストクラスで旅行が10回は余裕で行ける計算になるため、月に1回はファーストクラスを使っていかないとポイントを使い切れないことになります(ファーストクラスの航空券と交換可能なマイル数については下記記事を参照)

news.cardmics.com

私もマイルが溜まってきています:

そういう私も現在、マイル数にして60~70万マイル相当のポイントとマイルそのものを保有中。前述の経営者たちに比べればどうってことないポイント数ですが、ここまで蓄積してくるとなかなか消費したくてもしきれいない状況なんですよね。

とはいえ、クレジットカードマニアたるもの、交換効率が悪いものに強制的にポイント交換してしまうことが出来ない性分…。

本当は楽天ポイントとかに交換してしまえば現金同様に使えるはずなんですが、それだとせっかくためたポイントを損してしまうのでなかなか実行できないのです。

  • 楽天ポイント等へ交換:使い勝手は良いが交換効率が悪い
  • マイルへ交換:使い勝手は悪いが交換効率が良い

そのため、彼らも私もこの先、どうやってこのポイントを使っていこうかに頭を使うことになりそうな感じ。

しかし、死んでしまったらクレジットカードにたまっているポイントはすべて無効になってしまうわけですから、ほんとは早めに使わないといけないんですけどね…(苦笑)。明日、生きてられるかどうかは神のみぞ知る内容です。

ポイントを相続させるのは無理:

f:id:cardmics:20171203131123j:plain

ちなみに。

いくら数百万円分もポイントが貯まっているからといっても、カードポイントを遺産相続させることは無理です。

まぁ法人名義のクレジットカードであればポイントも会社の資産として残せるとは思いますが、個人名義のカードでは保有者死亡=ポイント全額失効で間違いなし。

あのセゾンカードの永久不滅ポイントでさえ、保有者死亡では消滅してしまいますよ(詳しくは下記記事を参照)。

以上、仕事経費をクレジットカード払いしている経営者たちは、生涯、使い切れないほどのポイントやマイルを獲得している…という話でした。

ポイントが貯まる法人カードについて:

私も他の経営者のようにポイントやマイルがほしい…という方は是非、法人向けのクレジットカードを作成するところからはじめてみてください。

法人カードを導入すると会社の経費精算が楽になるなどのメリットがあるので、業務全体の合理化にも繋がりますよ(詳細は下記記事にて)。

news.cardmics.com

*1:一応、書いておきますが、今回の内容は個人名義で作った法人カードの話です。法人名義で作ったポイントは、社員みんなで使えるので問題ありません。

*2:ヤフーやグーグルなどでリスティング広告と呼ばれるものに出稿していると、このくらいの広告費はすぐにかかるため、別段、多すぎる金額でもありません。

PAGE TOP