クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード利用で獲得できるポイントは、なぜ年々、ショボくなってきているのか?高還元率カードがなくなりつつある背景を説明。

f:id:cardmics:20170717002430j:plain

クレジットカードで支払いをすると得られるポイント。

カードによっては楽天ポイントだったりTポイントだったりカード会社独自のポイントだったりと、まぁ様々なポイント制度が世の中には存在しますが、最近、このポイント制度が年々ショボくなってきているのはご存知でしょうか?

15年前には10%以上なんてことも:

例えば2005年頃にはクレジットカードで支払いをするだけで利用額の10%以上がポイントとして貯まる…なんて馬鹿みたいなカードが存在(P-oneカードを特定日に利用しJALマイルに交換する手法)。

このカードを100万円利用するだけで地球1周が無料でできるほどのマイル獲得が可能だったりと、昔はほんと「たかがポイント」とは呼べないくらいに凄いカードがいくつかあったんです*1

それが現在では100万円の支払いでクレジットカードを使って獲得できるのはせいぜい1万円分のポイントくらい。

  • 昔:100万円も支払いで使えば、無料で世界一周できるマイルが貰えた
  • 現在:100万円の支払いで使ってもせいぜい1万円分のポイント獲得のみ

当然、地球1周をすることなど夢のまた夢。仮に地球1周をクレジットカードポイントのみで狙うなら、支払額にして2,000万円くらい使わないと獲得できないことでしょう。

なぜポイント制度がショボくなったのか?

ではなぜ、クレジットカードのポイント制度がショボくなってしまったのか?この理由は大きくわけて2つ存在します。

1つ目はクレジットカード会社の儲けの源泉でもあったキャッシング(お金を貸し出すこと)による金利収入が激減してしまったこと。

昔はお金を貸し出すと29.2%の金利収入を得ることが出来たのですが、現在では貸金業法という法律が改正され、だいたい18%程度の金利しか取ることが出来なくなったので、その分だけカード会社の経営が苦しくなった…というのがあります。

  • 昔:お金を貸せば29.2%の金利収入が得られた
  • 現在:お金を貸しても18%程度の金利収入しか得られない
加盟店料率の低下も痛い:

2つ目はクレジットカード加盟店料率の低下によるもの(加盟店料率とは?という方はこちらの記事参考に)。

こちらも昔は平均しても5%前後はあった加盟店料率が、現在では3%前後まで低下してしまったために、みなさんにポイントを付与するための原資がない…という状況に陥っているんです。

  • 昔:5%程度の加盟店手数料
  • 現在:3%程度の加盟店手数料

結果、どこのクレジットカード会社もまるでカルテルでも結んでいるかのように、ポイント還元率を1%前後で揃えてる状況あり

ただ物理的にこれ以上のポイント付与は無理なので、今後もポイント還元率は1%程度を上限とした形での競争となりそうです(加盟店料率が5%だった時は2%をポイントとして付与しても余裕だったが、3%の今では2%をあげることは出来ないということ)。

バンバンお金を貸してたところほど厳しい:

クレジットカード会社の経営を圧迫しているのは加盟店料率の低下や、キャッシング金利の低下ばかりではありません。テレビCMで一度は聞いたことがあるであろう、『過払い金返還請求』への負担でどこも経営は大変なんです。

特に過去にお金をどんどん貸していた会社は厳しい限り。この先も過払い金返還請求が収まっていかない限りは、クレジットカードのポイント制度が魅力的に戻ることはないと思われます。

更にポイント制度はショボくなる可能性大:

f:id:cardmics:20170705171643j:plain

最後に。

クレジットカードの加盟店料率はこのあたりで安定するわけではなく、この先もまだまだ下がっていく可能性大。そう考えるとポイント還元率1%というのもいつまで続くか微妙な状況があるんですよね。

そのため、将来的には自社ポイントを発行している楽天カードやYahoo! JAPANカードなど、ポイントを多く発行しても自社ビジネスで消化してくれやすいクレジットカードのみがポイント還元率1%を維持できる時代が来るのかも。

  • 現在:どこのカード会社でもポイント還元率1%は可能
  • 将来:自社モールを持ってる会社のみ、ポイント還元率1%のカードを発行可能

まぁ私たちクレジットカードを使う側からするとなんとも寂しい状況ですが、無いものねだりをせず、現状で獲得できる最高のポイント還元率を今後も当サイト『クレジットカードの読みもの』では紹介していこうと思います。ご期待ください!

以上、クレジットカード利用で獲得できるポイントは、なぜ年々、ショボくなってきているのか?高還元率カードがなくなりつつある背景を説明…という話題でした。

参考リンク:

手間がかかってもポイント還元率を最大限まで高めたい…という方は、下記記事も参考に。更にマニアックな節約テクニックもありますが、現状だとこれが一番使いやすい方法なんじゃないかなと思います(理論上3.8%以上のポイント獲得可能)。

news.cardmics.com

*1:しかもSuicaチャージを悪用した瓜返しなどの裏ワザを使うことで、お金をほとんと使わずにポイントだけ不正取得していた人もいたくらい。当時はまさにザルでしたね…。

PAGE TOP