クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードを持たない主義の方は、本当は理由があってカードを持てないだけなんじゃないの…と疑われてる可能性あり。

f:id:cardmics:20180224113006j:plain

今回はクレジットカードを持っていないと、本当はカードを持てない人なんじゃないか?と勘ぐられてしまう可能性があるよ…という内容について書いてみようと思います。

これ、文字にしてしまうとちょっと批判されてしまうような内容でもあるので、書くべきか非常に迷いました。

しかし、カードを持たない主義の方の中にはそういうデメリットを知らずに現金主義を貫いている方も多いので、今回は誰かの役に立つと思い、敢えて文章にしておきます*1

クレジットカードを持たない主義について:

クレジットカードを持てない人が世の中には存在する:

まず、クレジットカードを持っていない方を大きくわけると、下記のように2種類の方が存在します。

  1. クレジットカードを持ちたくない人
  2. クレジットカードを持てない人

1つ目はもう説明するまでもありませんね。クレジットカードが嫌い、現金払いのほうが安心する、不正利用されそうで怖い…といった理由があってクレジットカードを持っていない人のことです。

2つ目はカードを持ちたくても持てないという方。どういう方がこの「持てない方」に当たるのかについては後述しますが、問題はカードを持てない人と持ちたくない人というのは、周りからみると区別ができない…という点にあるんです。

カードを持てない人ってどういう人?:

では「カードを持てない人」というのはどういう人がいるんでしょうか?いくつか持てないケースがあるので、簡単に例をあげていきます。

1.最近、自己破産をした人:

代表的なのはこれ、過去7年以内くらいに自己破産をした人です。自己破産の履歴がある方の場合には、クレジットカードを作りたくても作れません。

まぁ自己破産をする理由なんて人それぞれ。

親の借金を背負わされたとか、会社経営に失敗したとか色々なものがあるわけですが、世間一般における自己破産へのイメージは「借金して自己破産したに違いない」というものがあるので、あまり印象はよくない感じです。

2.暴力団関係者:

次がこれ。暴力団関係者もクレジットカードを作れません。

あまり知られていませんが暴力団やそれに準ずる組織に属している方には、金融庁からの通達によりカードを発行してはいけないことになっているので、カードを持っていない方=その手の方…という可能性もあります(詳しくはこちら)。

3.仕事が無い人、無職の人:

3つ目は仕事がない人、無職の人もクレジットカードを作れません。

アルバイトやパートでも仕事さえしていればカードは作れるのですが、貯金もないような完全無職の方の場合にはクレジットカードが作れないので、現金払いが主体となります(無職でも作れると思っている方はこちらの記事も参考に)。

4.水商売の方:

キャバクラ、ホストクラブなどなど夜のお仕事をされている方も、クレジットカードを作れない傾向にあります。

最近はアリバイ会社をうまく使ってカードを作る…みたいな方もいるみたいですが、夜の仕事のみだとカード審査に通らない可能性が高いですね。

他、クレジットカードの利用履歴が悪い方、消費者金融でお金を借りまくっている方、住所不定の方、偽名で生活している方などなど、クレジットカードを作りたくても作れない方というのは属性的にあまり良いものではありません。

現金払いに固執すると信頼を失うことも:

こんな感じでクレジットカードを持たず、現金払いのみを利用しているといろいろと勘ぐられてしまうというのは現金主義の大きなデメリット。

なにせ現金払いのみに固執すると『なぜあの人はいつでも現金払いのみなんだろうか。もしかして…』と、暴力団員じゃないかとか、自己破産してるんじゃないか?とか疑われてしまうわけですから、下手するとそれだけで信用を失ってしまうことにも繋がりかねません。

1枚くらいは持っておくといいかも:

そのため、現金主義であったとしても1枚くらいはクレジットカードを作っておくようにしてください。たったそれだけで、周囲からの疑惑を晴らすことが可能なためです。

『いやいや、そうはいってもクレジットカードは紛失が怖いし、不正利用されたらと思うと…』という方は下記記事も参考に。

そういった「怖さ」のほとんどは、クレジットカードのことを知らないからこその恐怖だったりするので、正しく知識を付けてクレジットカードを理解してもらえればなと思います。

news.cardmics.com

現金払いをしている人を観察してみよう:

f:id:cardmics:20171014124448j:plain

ここまでクレジットカードを1枚も持たず、常に現金払いをしている方はもしかすると「クレジットカードを作りたくても作れない方」なんじゃないかと疑われてしまう…という話をさせていただきましたが、ここから先はその応用編。

その特徴をうまく利用して、悪い落とし穴にハマならない方法について紹介してみたいと思います。

現金払いをしている彼氏や彼女には注意?

まず、一番カンタンなのは付き合いたての彼氏や彼女が現金払いに固執するような方だったとしたら、『どうしてクレジットカードを使わないの?』と聞いてみる方法。

こういった質問をした時に、『なんとなく現金払いのほうが好きで…』とあやふやな回答をしてきた場合には疑いがありますね。

  • 彼氏が現金主義:借金の有無や仕事内容を確認
  • 彼女が現金主義:金遣いの粗さや、夜の仕事がメインになってないか確認

話を深掘りして、借金の有無や仕事内容を疑ってみてください。将来を誓える相手なのかどうかがわかります。

現金払いの男は不倫も疑う:

また、普段から現金払いしかしていない男性の場合には、既婚者、つまり不倫しているケースもあります。

これはクレジットカードを利用すると、いつどこのお店でいくらの支払いをしたか…といった履歴が残るため。こうなると配偶者である奥さんにバレてしまう可能性が出てくるので、利用履歴が残らない現金払いを好んで使う傾向にあるんです。

  • カード払いをする男性:履歴が残ってもOKなので不倫の可能性は低い
  • カード払いをしない男性:履歴が残るのを嫌がっているのかも?

そのため、30歳以上の男性が現金払いのみを使っていた場合には、『えっ、カード持ってるのになんで現金で払うの?ポイントが勿体無いよ?』くらいの質問は振ってみましょう。その回答次第で不倫かどうかの判別が出来る場合もあると思います。

ゴールドカード等を使う異性は安心:

デートの支払いに、ゴールドカードやプラチナカードを利用している人というのはちょっと安心。

なかなか作ることが出来ないクレジットカードを持っているということは、クレジットカード発行会社がその人を信頼しているということを意味するものなので、現金払いのみの人よりも信頼性はかなり高いと言えます。

まぁゴールドカードやプラチナカード利用者にも借金漬けの人はいますし、そのゴールドカードは自分名義のものじゃなくて親名義の家族カードだったりする場合もあるので100%安全とは言えませんが、それでも現金払いに固執している方よりはお金に関する安心感あり。付き合いたての相手であれば尚更ですね。

カードがないと不便な社会に:

f:id:cardmics:20171109092758j:plain

最後に。

無職に疑われるとか、借金漬けだと思われてしまうとか、そういったこと抜きにこの先は、クレジットカードを持つメリットが大きくなっていく時代。

もはやクレジットカードがないと借りられないレンタカー、泊まれないホテル、使えない携帯電話会社などなども増えてきているので、是非、この機会に1枚でいいのでクレジットカードを作るようにしてみてください。

今からその使い方に慣れておけば、現金払いが使いにくくなるであろう未来においても安心ですよ(下記記事も参考に)。

以上、クレジットカードを持たない主義の方は、本当は理由があってカードを持てないだけなんじゃないの…と疑われてる可能性あり…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードを作ったことがないという方は、下記リンクも参考にどうぞ。仕組みをきちんと理解したうえで使うと、クレジットカードなんて怖いものでもなんでもありませんよ。

news.cardmics.com

*1:こちらの記事を読ませていただき、書いた記事です。

PAGE TOP