クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの利用明細を領収書として代用することは可能なのか?確定申告の時に役立つカード明細書と領収書の扱いについて。

Tax Calculator

クレジットカードの利用明細書は、領収書代わりに利用することが可能なのかどうか…これ、経営者やフリーランスの方なら気になる内容ですよね。

そこで今回はインターネットで調べてもなかなか答えが出てこないこの疑問についての答えを、詳しく調べてみました。利用明細書は手元にあるけれどもレシートがないからどうしよう…と悩んでいる方に参考にして貰えればなと思います。

税理士事務所によれば利用不可?:

まず、クレジットカードの利用明細書を領収書代わりにすることが出来るのかについて、こちらの税理士事務所の記事を参考にさせてもらいます。

クレジットカード会社がそのカードの利用者に交付する請求明細書等は、そのカード利用者である事業者に対して課税資産の譲渡等を行った他の事業者が作成・交付した書類ではありませんから、消費税法第30条第9項に規定する請求書等には該当しません。

しかし、クレジットカードサービスを利用した時には、利用者に対して課税資産の譲渡等を行った他の事業者が、「ご利用明細」等を発行しているのが通常です。

この「ご利用明細」等には、1その書類の作成者の氏名又は名称、2課税資産の譲渡等を行った年月日、3課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容、4課税資産の譲渡等の対価の額、5その書類の交付を受ける者の氏名又は名称が記載されていることが一般的であり、そのような書類であれば消費税法第30条第9項に規定する請求書等に該当することになります。

参照させていただいた税理士事務所の見解では、『しかし、クレジットカードサービスを…』の部分を考慮されていないために、利用明細書は領収書として認められないと結論付けられています。

条件付きで使える旨が書かれている:

ただこれ、『しかし…』以降の部分を読んでみると利用明細書には5つの項目が書かれていることが普通なので、請求書等に該当する…と書かれていますよね(一点、足りない可能性があるのは3番目の「資産又は役務の内容」の部分)。

さすがにその部分を考慮せずに税理士が領収書として認められない…と結論付けるはずもないので、もしかすると記事執筆後に国税庁側がその部分を追記した可能性もあるかもしれません。

お店側に領収書発行義務がない:

次にちょっと違う側面から、この利用明細と領収書の関係性について探ってみたいと思います。それはクレジットカード払いした時にお店側から貰える領収書についての、国税庁の見解からです。

第17号の1文書(売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書)は、金銭又は有価証券の受領事実を証明する目的で作成されるものです。ご質問のように、クレジット販売の場合には、信用取引により商品を引き渡すものであり、その際の領収書であっても金銭又は有価証券の受領事実がありませんから、表題が「領収書」となっていても、第17号の1文書には該当しません。 

なお、クレジットカード利用の場合であっても、その旨を「領収書」に記載しないと、第17号の1文書に該当することになります。

クレジットカード払いをされた時に発行する領収書は、領収書ではない…という内容ですね。そのため、お客さんに『領収書をください!』とお店側が言われたとしても、領収書ではそもそもないために発行しないという選択肢も出来るということになります(実際、時おり領収書発行を断られることも有り)。

つまり、そもそもカード払いをした時に貰える領収書は、領収書に似た書類であって領収書ではないのですね。ざっくりいえば取引内容証明書…といったところでしょうか(詳しくは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

2つの内容をまとめてみる:

f:id:cardmics:20170622214238j:plain

ここまで説明した2つの内容をまとめてみると、クレジットカードの利用明細書は領収書として認められるってことに間違いありません。なぜならそれを領収書として認められなくしてしまうと、

  • カード払いでも領収書発行が義務付けられる
  • カード払いでも領収書には印紙を貼る必要性が出る

とならなくてはいけないためです。

仮に領収書入手が困難な場合には経費として認められないことがあるのであれば、誰も仕事でカードを使えなくなってしまいます。

過去の税務調査でも経費として認められた:

ちなみに私は過去、税務調査に入られたことがありますが、その時もクレジットカードの利用明細書で経費付けOKでした。特にそれに対して税務署職員から指摘をされることもなかったので、税務署としても問題がない記帳方法だということになります*1

但し、これはあくまで私のような個人事業主や中小企業経営者の場合の話。大企業がこういう雑な記帳をしてしまうと、場合によっては税務署側から否認されてしまう可能性もあるので、事業規模にあわせて柔軟に対処していただければなと思います。

  • 個人事業主:利用明細を元に記帳しても原則OK
  • 小規模法人経営者:利用明細を元に記帳してもたぶんOK
  • 中規模以上の法人経営者:取引内容がわかるものを保存しないとダメかも

以上、クレジットカードの利用明細を領収書として代用することは可能なのか?確定申告の時に役立つカード明細書と領収書の扱いについて…という話題でした。

尚、経費の支払いでクレジットカードを使う場合には、クレジットカードの利用規約違反にならないためにも、事業者向けクレジットカードを使うようにしてくださいね。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

追記:領収書を貰うことは有益

『クレジットカード払いさえすれば、領収書をすべてもらわなくても良いのか?』という極論をぶつけてくる方がいそうなので、追記をしておきます。

自分自身がどんなものを購入したのかを覚えておくためにも、領収書を貰うことは非常に有益です。また、個人事業主や経営者ではなく、雇用されている社会人の方は、社内ルールに則ってくださいね。

参考リンク:

経費の記帳作業を劇的にラクにすることが出来る、クラウド会計ソフト導入もあわせて検討してみてください。これらの会計ソフトを利用すれば、クレジットカード払いをするだけで自動的に経費の記帳が可能になりますよ。

news.cardmics.com

*1:あくまでその時、税務調査を担当した署員の判断なので、他の担当員であれば否認されるケースもゼロではありません。

PAGE TOP