クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

消費税が増税されればクレジットカード需要は大きく増える?株式投資におけるクレジットカード関連銘柄は、今後、上昇が期待できそう。

http://www.flickr.com/photos/44124400268@N01/2920370

photo by Duncan Rawlinson. Duncan.co

2014年の4月、いよいよ消費税が5%から8%に増税されるわけですが、このタイミングで個人的にはクレジットカード需要が大きく増えると予想しています。

理由はシンプル。3%分の増税分をカードポイント獲得で取り返そう…という動きが増えると考えているため。雑誌や新聞、インターネットメディアなどで、そういった『節約術』が紹介されるんじゃないかと思うのです。

クレジットカード発行数が増えるとどうなるか?

クレジットカードの発行枚数が増えるとどうなるか?当たり前ですが、クレジットカード会社は増益となり、株価上昇が期待できます。

更にライフアシストポイント(クレジットカードを使うと税金が安くなる政策)の導入の可能性があることと、過払い金返還請求の減少を踏まえると、クレジットカード会社の利益って今後、劇的にアップしていく可能性もありそうな感じ。

なにより毎年毎年、カード利用額というのは増えていってますので、まだまだクレジットカードは成長産業であるという点も大きいです。

心配なのは消費の冷え込み:

反面、心配な点は消費税増税による消費の冷え込みがどこまであるか。

クレジットカードは買い物などで利用してもらって初めてカード会社の利益になるアイテムなので、消費が冷え込んでしまうと、決済金額そのものも落ち込んでしまう危険性があります。

まぁそこは一時的なものだと思っていますし、カードの発行枚数アップでどうにか乗り切るんじゃないかと個人的には楽観視していますが、こればかりは増税がはじまってみないとわかりませんね。さてさて、どうなることやらです。

私が購入するのはもう少し先:

尚、個人的にはまだカード銘柄を購入していません。世界的にもう少し、株価が安くなる危機が起きると思っているためです。

そうなった時にはガッツリとクレディセゾンやポケットカードといった銘柄を買い込みたいなと思います(上場しているクレジットカード銘柄については下記記事を参照に)。

以上、消費税が増税されればクレジットカード需要は大きく増える?株式投資におけるクレジットカード関連銘柄は、今後、上昇が期待できそう…という話題でした。投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

参考リンク:

消費税増税に加え、最近話題の「フィンテック」についてもクレジットカード関連銘柄は期待できます。実際、クレディセゾンなどはフィンテック分野への投資に積極的で、各方面に出資をしているくらいですよ(詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

PAGE TOP