クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード更新時に、在籍確認の電話はあるのかどうかについて。更新時の審査で重要視されるのは勤務先よりも利用歴です。

f:id:cardmics:20170804192932j:plain

クレジットカードの有効期限が切れた後、新しい有効期限が設定されたカードが届く『クレジットカードの更新』。

この更新時には、会社に在籍しているかどうかの在籍確認(在確)の電話は入るのか?今回はそのあたりについて記事を書いてみたいと思います。

いきなり在籍確認されちゃうとちょっとまずい…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

クレジットカード更新と在籍確認について:

原則は在籍確認は入らない:

まず、結論から先にいってしまうと、クレジットカード更新時に在籍確認の電話が勤務先に入ることはありません。

これはクレジットカードが更新されるかどうかはあくまで、クレジットカード入手後から有効期限到達時までの利用履歴で判断されるため。

要するにどこに今、勤めているかどうかよりも、返済をきちんとしてくれる利用者かどうか…というほうが、クレジットカード会社にとっては重要だということですね。

  • 重要である:有効期限到達時までの利用履歴
  • それほど重要ではない:働いているかどうか

つまり語弊を恐れずにいうなれば、クレジットカード会社としてはあなたが働いているかどうかは二の次。無職でもきちんと返済してくれるのならクレジットカードは更新されるものなんです。

いやいや無職なんだよという場合は?:

『いやいや、クレジットカード更新のタイミングで無職になってしまってるから、在籍確認が入るとマズいんだよ』という方も基本は同じ。

前述のようにクレジットカードの利用歴さえ悪くなければ、何事もなかったかのように更新カードが送られてくるので、過剰に心配する必要性はなし。

無職になったという理由だけでカードが没収されることはないので、そのまま堂々と使い続けてしまって大丈夫です。

ブラックカードやゴールドカードでも一緒:

また、一流企業から中小企業に転職したことがバレると、今持ってるブラックカードやプラチナカードが没収されてしまうんじゃないか?と不安に思ってる方も心配無用です。

私自身、個人事業主という職業的にかなり不安定な立場にあるのですが、クレジットカード利用歴がいいせいか、現状でも最高峰のブラックカードを3枚ほど保有中。

  • 職業が不安定でも信用力が高い人:ブラックカードが持てる
  • 職業が安定的でも信用力が低い人:ブラックカードは持てない

そのため、転職したなら転職したで堂々と、クレジットカード会社に連絡してしまってOKということですね。クレジットカード更新や在籍確認を過剰に怖がる必要性はありません。

以上、クレジットカード更新時に、在籍確認の電話はあるのかどうかについて。更新時の審査で重要視されるのは勤務先よりも利用歴です…という話題でした。

参考リンク:

現状、リボ払い等の金利が発生する支払い方法を使ってしまっている…という方は、下記記事も参考にどうぞ。ボーナス払いを上手に組み合わせれば、リボ払いによる発生金利は最小限に抑えることが出来ますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP