クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードそのものが消える日は近い?将来的には支払いを立て替えてくれる代行会社を、選ぶ時代になるのかもしれません。

f:id:cardmics:20150106080635j:plain

プラスティックで出来たクレジットカード。

このカードを財布の中に少なくとも1枚、多い方の場合には5枚以上いれている方が多いと思いますが、将来的には物体としてのクレジットカードは、徐々になくなっていく傾向にあります。

今回はそんな、『クレジットカードそのものが消えてなくなる日』について、雑談がてら書いてみたいと思います。クレジットカードの未来について興味がある方は是非、読んでみてくださいね。

クレジットカードを束ねることが出来るカードが普及:

まず、2015年にはCoin(コイン)とPlastc(プラスティック)という、カードタイプの装置が販売開始される予定です。

これらのカードが可能にするのは、複数枚クレジットカードの集約。たとえば5枚、10枚といったクレジットカードを持っている方は、CoinやPlastcを持つことで、カード情報を1枚のカードにまとめることが出来ます(下記、中央のような装置)。

  • 従来:カードを使い分けるには複数枚持ち歩く必要性があった
  • 今後:1枚のカードに集約可能なため、1枚持ち歩けばOKに

f:id:cardmics:20150107000116j:plain

買い物は今までと一緒:

利用方法は従来のクレジットカードと同様です。

このカードを買い物などで利用すれば、好きなクレジットカードを好きな時に利用可能。これで複数枚をクレジットカードを持ち歩くことなく、1枚のカードだけで買い物が出来てしまうようになります。

  • 買い物時に、好きなカードを選んで利用できる

そして将来的にはおサイフケータイのように、クレジットカード会社から送られてきたカード情報をCoinやPlastcに取り込むことで、カード自体の発行をしないカード会社も出てくることでしょう。

一度、装置に情報を取り込んでしまえばプラスチックカードそのものは不要なのですから、当然の対応と言えそうです*1

カード自体が不要なApple Pay:

1枚のクレジットカードに集約するのではなく、更にカード自体も無くしてしまおう…というのが、Appleが開発したApple Pay(アップルペイ)という支払手段です。

Apple Payをカンタンに説明すると、iPhoneやiPadの中にクレジットカード情報を取り込んで買い物に使おう…というもの。iPhone上で好きなカードを選択し、それを専門の読み取り端末にかざすことで支払いができるこの仕組みは、将来、クレジットカードそのものを不要にしてしまう可能性があります(更に詳しく知りたい方は、下記リンクを参考にしてみてください)。

こちらもCoinやPlastcと同様に、カードタイプのクレジットカード発行を不要にする支払手段のため、発行費用を抑えようとするカード会社によっては、プラスチック製のカード発行をやめてしまうところも出てくるかもしれません。

クレジットカード会社は支払いの立て替え専門会社に:

f:id:cardmics:20171119233013j:plain

最後に…ですが、この先、2~3年でガラリとクレジットカードを取り巻く環境が変わる…とはさすがに私も思いません。

しかし5年後、10年後を想像すると、もはやカードタイプのクレジットカードを発行すること自体が不要になる時代がすぐそこまで来ているように思います。つまり将来的には、どのクレジットカードを利用しようかと悩むのではなく、1ヶ月分の支払いを立て替えてくれる会社を選ぶことになる可能性は高そうな感じ。

  • 現在:好きなクレジットカードを選ぶ
  • 将来:支払いを立て替えてくれる先を選ぶ

セキュリティ面でのクレジットカードの限界も:

また、カードタイプの装置やApple Payには、プラスティックで出来たクレジットカードにはないセキュリティ対策も備わっています。

指紋認証をすることで他人の悪用を防ぐApple Pay、スマホから離れると使えなくなるPlastc…といったように、クレジットカードそのものを使うこと自体が、今後は『安全でなはい行為』になっていくのかもしれませんね。

  • クレジットカード:悪用されるリスクがややある*2
  • 新しい支払い手段:悪用されるリスクが低い

さてさてどうなることやらですが、少なくともプラスチック製の古いクレジットカードは徐々になくなっていくことだけは間違いがないように思います。

以上、クレジットカードそのものが消える日は近い?将来的には支払いを立て替えてくれる企業を、選ぶ時代になるのかもしれません…という話題でした。

参考リンク:

今回紹介したCoinには日本のクレジットカード会社であるクレディセゾンが出資したので、カードタイプの支払い装置は日本でも発売される可能性大。そして近々、Apple Payの日本開始もありそうなので、時代は着実に変わっていきそうですね。

news.cardmics.com

*1:ICチップ付きのクレジットカードを1枚発行するためにかかる費用は、郵送代などを含めると1,000円程度してしまうと言われています。カードタイプの装置が普及すれば、これらの費用が0円にしようとするカード会社が必ず出てくると思います。

*2:それでも現金払いなどを比べると、クレジットカードはかなり安全なんですけどね。

PAGE TOP