クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

どのクレジットカード決済代行業者が良いか迷ってるなら、一括見積りをしてみよう!手数料を下げたい場合にも相見積もりは有効です。

http://www.flickr.com/photos/34120957@N04/7315190192

photo by Alex E. Proimos

クレジットカード決済を店舗に導入したいと思うのだけれども、どの決済業者が良いのかなんて、普通はまったくわかりませんよね。

そんな時にお薦めなのが決済代行業者の一括見積り。このサービスを利用すればセキュリティ面を気にするとか、とにかく手数料が安い業者を見つけたいとか、そういった自社が求める機能を満たした決済業者を、複数社の中から選ぶことが出来るようになります(詳細は下記より)。

国際ブランドを選別した上で比較も:

複数社のクレジットカード決済業者の中から自社に適した業者を選べる…ということは、店舗にて受付可能な国際ブランド(VISAやJCB、アメックスといったもの)も選べるということ。

『うちはVISAとMasterCardだけで良いので、とにかく手数料を安くしたい』とか、『いやいや、ダイナースクラブや銀聯カードまで含めて、どのカードでも決済可能にしてほしい』とか、そういう要望もきちんと一括見積りなら伝えることが出来ます。

  • VISAとMasterCardのみ:決済手数料が安い傾向に
  • JCBやダイナースクラブを含む:決済手数料は高い傾向に

加えて最近では中国銀聯(ユニオンペイ)の決済も受け付けられるかどうかも重要。ご存知のように中国からの観光客は増加傾向にあるので、店舗に銀聯カード決済機能を設置して売上アップを目指してみてください。

決済手数料を安くしたいなら:

ちなみに。

大手の決済代行業者は加盟店手数料が高くつきがちですが、中小の決済代行会社であれば捨て身の手数料を提示してくるところも多いです。

そういう意味でも『相見積もりをとっているんだぞ』ということを相手に伝えるメリットはあると思うので、是非、少しでも安くカード決済を導入したいのであれば、一括見積を試してみてください。もちろん、見積もりを取った結果、「これじゃ導入できないな…」と思えば、お願いしなくてもOKですよ。

以上、どのクレジットカード決済代行業者が良いか迷っているなら、一括見積りをしてみよう…という話題でした。新規でカード決済を導入したい方だけでなく、すでにクレジットカード決済を導入している店舗経営者の方も是非、この機会に相見積もりによって高い手数料引き下げを検討してもらえればなと思います。

参考リンク:

加盟店手数料を下げるためには、据え置き型のクレジットカード決済機だけでなく、iPhoneやiPadを利用したモバイル決済導入もおすすめ。

こちらなら3%ちょっとの加盟店手数料でVISAやJCBの決済ができる&決済機購入費用が安いので、総合的な出費削減に繋がりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP