クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

芸能人がカード被害…というニュースは、無意味にクレジットカードへの恐怖心を煽るだけなので止めてほしい。報道するなら補償の説明も!

Blue Cash

『あの芸能人がクレジットカードを不正利用され、10万円の損害!』なんてニュースって、だいたい数ヶ月に1度くらいは話題になるもの。

つい先日もタレントの菊地亜美さんがクレジットカードのハッキング(?)にあって、数十万円の被害にあった…なんてニュースが流れていました。

タレントの菊地亜美(26)が、クレジットカードのハッキング被害に遭っていたことが7日、明らかになった。(中略)

動画の内容によると、何者かによって菊地のカード情報がテーマパークで使われ、数十万円の被害に遭った模様。(中略)

菊地は自身のアカウントで「まじで怖すぎ。。皆さん、ちゃんとクレジットカードの明細は見てください」とツイートした。

まるで全額、損したかのような記事が多い:

これ、仮にクレジットカードに対する知識がない方がこの記事を読んだらどう思うでしょうか?きっと多くの方が『勝手に数十万使われちゃうなんて、クレジットカードって怖いな』と思う可能性のほうが高いような気がします。

実際、菊地亜美さんのツイートに対する返信を見てみると、ほとんどの方が「怖い」とツイート。

中には「やっぱり現金のが安心!」とか、「損失の10万円はその話題でカンタンに取り戻せるよ!」なんて回答が多い状況でした。

菊地亜美さんは自己負担していない:

では菊地亜美さんはその損害額を負担したのかというと、これは十中八九、自己負担はしていません。

…というのも、クレジットカードには盗難保険という有り難い保険が付いているため、悪意のある誰かに不正利用されようがなにしようが、その被害額をカード保有者本人が負担しなくてもOKだからです(詳しくは下記記事にて)。

加えて「ハッキング被害を受けた」という部分も疑問ですね。

万が一、クレジットカード会社のデータベースがハッキングされ、会員情報が漏洩したことによる不正利用であれば洒落になりませんが、そういった情報は私のところにも入っていないため、たぶんハッキングとスキミングを混同して記事が書かれているのかなーという気がします*1

報道するなら補償の説明も:

Money

このように新聞社やテレビ等が芸能人のクレジットカード被害をニュースにする場合、出来ればちゃんと「クレジットカードは怖いぞ!」という情報だけでなく、クレジットカードにはそれを補うための保険が備わっているんだということも報道してほしいと思う私。

理想は下記記事のように、被害にはあったけど保険によって被害額は0円だったんだぞ…ということが記事中で書かれているととにかく安心ですね。これなら無意味にクレジットカードへの恐怖心を煽ることはありません。

タレントの薬丸裕英(50)が、クレジットカードの不正利用で被害に遭っていたことを28日に更新したブログで明らかにした。(中略)

カードは手元にあり紛失もしていないことから疑問に思った薬丸に対し、「対面のお店で同じクレジットカード番号が使用されました」との事実が明かされた。「場所はどこで金額はいくらですか?」と聞くと、「お店はアメリカ、ニューヨークで金額は4万6355円と2万9499円です」と身に覚えのない請求だった。

この不正利用の数時間前に、薬丸が日本の店で決済をしていたため、おかしいと判断したカード会社が連絡。保険の適応で被害額もカバーできたという。

補償の説明が足りないケース:

反面、明石家さんまさんのカード被害を報道した記事だと、電球100個分を自己負担したのは誰なのかということがわからないので、ちょっと残念な感じ。読み手によっては『やっぱりクレジットカードって怖いな』と思う可能性が高そうな気がします。

さんまは「オレ、中国人の窃盗団にスキミングされた」と告白。カードを使った際にスキミング被害に遭ったのは「わけのわからんカラオケパブ」と明かした。

すぐにカード会社から電話がかかってきて「杉本高文さん(さんまの本名)、電球100個買いましたか?」と聞かれたという。そこでスキミング被害に遭ったことが判明した。

こんな感じで芸能人がクレジットカード被害を受けたのをニュースにするのも報道の自由ですが、せっかく報道するなら「クレジットカードは怖いぞ!」という恐怖心ばかりを煽る記事は控えてもらえると嬉しいですね。そしてカード被害の報道を通して、正しいクレジットカードの知識が広まっていけばいいなと思います

以上、芸能人がカード被害…というニュースは、無意味にクレジットカードへの恐怖心を煽るだけなので止めてほしい。報道するなら補償の説明も…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードを作ったことがない方が、勘違いしていがちな誤解をまとめた記事は過記事をどうぞ。紛失したら自己負担とか、手数料がかかるとか思っている方は是非、ご覧ください。 

cards.hateblo.jp 

*1:ハッキングだろうがスキミングだろうが、どちらにせよ盗難保険の対象なので菊地亜美さんが自己負担した可能性は低いです(これが財布ごとクレジットカードを落として不正利用された…とかだと、4桁の暗証番号漏洩等で自己負担させられるケースもあるんですけどね)。

PAGE TOP