クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

持っているクレジットカードを見ただけで、お金持ちかどうかの判別は可能なのか?本物のセレブしか持てないブラックカードを徹底解説。

http://www.flickr.com/photos/15194510@N03/2500097744

photo by _Dinkel_

持っているクレジットカードを見れば、その人がお金持ちかどうかの判別って可能なんでしょうか?

これについては正直なところ、なんとも言えないなぁ~という感じがします(出来ると言えば出来る)。

お金持ち=ブラックカードではない:

例えばお金持ちが必ずブラックカード*1を持っているかといえば、そんなこともありません。

人によってはブラックカードは年会費がもったいないからと持たない方も多いため、年会費無料カードを利用している大富豪なんていうのも居たりします。

実際、私は過去に年会費無料の楽天カードを愛用している超金持ちに会ったことが有りますし、かの有名な大富豪であるウォーレン・バフェット氏やビル・ゲイツ氏もブラックカードを持っていないそうです。詳しくは下記記事あたりを参照にどうぞ。

貧乏人がブラックカードを持っている場合もある:

逆にお金を全く持っていないにも関わらず、見栄のためにプラチナカードやブラックカードを持ちたがる方も多いです(私もその一人)。そういう人を見て『ああ、あの人はお金持ちだー!』なんて錯覚してしまうとロクなことはありません。

特に婚活中で男性を品定めしている女性の方であれば、尚更、カードの種類でお金持ちかどうかの判別はしないほうが無難でしょう。下記のようにゴールドカードを持っているというだけで吸い寄せられるなんて問題外ですよ。

cards.hateblo.jp

お金持ちでなければ持てないカードもある:

http://www.flickr.com/photos/46868900@N00/5199618613

photo by jeff_golden

そうは言っても『ホンモノのお金持ちでなければ絶対に持つことが出来ないクレジットカード』…なんていうものも、世の中には存在します。

下記で紹介するようなブラックカード保有者を見つけた場合には、100%間違いなく金持ちであると考えてOK。長いものに巻かれるタイプの方は、そんなセレブを見つけたらヨイショをしたり、恩を売っておくようにしてください(笑)。

センチュリオンカード保有者なら当確:

まず、金持ち御用達のブラックカードといえばやはり、アメリカン・エキスプレス社のセンチュリオンカードでしょう。

このクレジットカードは年会費だけで実に30万円以上。下手な小金持ちが持とうとしてもその年会費だけでヤラれてしまいますし、且つ発行基準が非常に高く設定されているため、生半可なお金持ちでは入手することは出来ません。

…とはいえ、父親がセンチュリオンカードホルダーで、その家族カードを使わせてもらっている…などのケースでは、お金持ちかどうかの判別が難しい場合も。まぁそのケースでも「親がお金持ち=本人もお金持ち」という理屈は成り立つため、セレブには変わりないかもしれませんね(苦笑)。

セブンヒルズカードなどの金持ちカード:

次にすでに発行停止になってしまっているクレジットカードですが、セブンヒルズカードなどのように、お金持ちだと認定された方しか持つことが出来ないブラックカードであれば、金持ち認定は可能です。

このカードは、株式会社イー・マーケティングが発行する富裕層向けライフスタイルマガジン「SEVEN HILLS(セブンヒルズ)」(購読者平均年収7100万円、平均総資産額7億1600万円)の購読者やコンシェルジュサービスの顧客の中から、特別に招待された者だけが持つことを許されている。

入手するために必要だった資産は平均で7億円…。こういうカードを持ち歩いている方であれば、お金持ち当確ですね。一瞬でセブンヒルズカードだと判別する眼力を付けておきましょう。

外商系のブラックカードも当確:

あとは表舞台にはなかなか出てきませんが、デパートの外商が発行しているその顧客専用のブラックカード(プラチナカード)なども、お金持ち確定で良いと思います。

これらのクレジットカードは、外商がお金持ちと認めた方ではないと発行してくれないはずなので、しっかりとしたデパートフィルターがかかっているのが安心材料。

あんまりカードフェイス等がかっこ良くない場合もあるので見逃しがちなカードですが、見つけ次第『それって外商のブラックカードですか?』と聞いてもらえればと思います(外商と付き合いがある=デパートが金持ちと認めた人)。

素人には判別は難しい:

http://www.flickr.com/photos/21241181@N00/422358899

photo by Consumerist Dot Com

まぁこんな感じでセンチュリオンカードにしろ他のブラックカードにしろ、一般人はその現物を見たことがないわけですから、判別しろと言われてもなかなか難しいもの。

結果、冒頭で書かせていただいた通り、持っているクレジットカードを見ただけでお金持ちかどうかの判別ができるかどうかは、どうしても「分かる人にはわかる」…といった感じになってしまうのですね*2。なかなかひと目で判別できるものではありませんよ。

以上、持っているクレジットカードを見ただけで、お金持ちかどうかの判別は可能なのか?本物のセレブしか持てないブラックカードを徹底解説…という話題でした。

最後に念のため注意しておきますが、『黒いカードを持っている=お金持ち』という考え方だけは絶対にしないようにしてください。中にはオリコカード THE POINTなどのように、黒光りするものの年会費無料で作れるクレジットカード…なんてものも最近では多くなっています(現物は下記リンク先より)。

参考リンク:

日本で発行されているブラックカードの一覧リストが知りたい方は、下記記事もあわせてどうぞ。センチュリオンカードやダイナースクラブ プレミアムカードなどの一覧リストを紹介しています。

cards.hateblo.jp

*1:ブラックカードとは、黄金に輝くゴールドカードよりも上のグレードに位置するクレジットカードジャンルのこと。2016年現在、最上級のクレジットカードジャンルはブラックカードです(クレジットカードランクについてはこちらを参照)。

*2:それでも尚、金持ち判定をしたいのであれば、今回紹介させていただいたブラックカードの種類くらいはせめて、把握するようにしておいてください。その他、キャバクラなどの水商売系の方で、常にお金持ちのクレジットカードを見ている方であればわかるかもしれません。

PAGE TOP