クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

病院でクレジットカードは使える?VISAやJCBといったクレジットカード決済が利用できる病院と、利用できない病院の調べ方を解説します。

f:id:cardmics:20170804192031j:plain

『病院での治療費や入院費って、クレジットカード払い出来るの?』という疑問をお持ちの方のために、今回は病院でのクレジットカード払いについて記事を書いてみたいと思います。

出来る限りすべての支払いをクレジットカードでしたい…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

病院におけるカード決済の知識:

カード払いが使える病院と使えない病院がある:

まず、病院の中にはクレジットカード払いが使えるところと、使えないところが存在します。

これは『VISAカードやJCBカードといったクレジットカード払いを受け付けるかどうか』については、各病院の判断に委ねられているため。要するにカード決済導入は義務ではないので、カード払いが出来る病院と出来ない病院が存在するのです。

  • カード払いを導入すると決めた病院:カード払いが使える
  • カード払いを導入しないと決めた病院:カード払いは使えない

カード払いが使える病院はどうやって探すのか?

では、クレジットカード払いが使える病院はどうやって探せばいいのか…というと、これは残念ながら各病院のホームページを見てみたり、直接、病院に電話をして確認をするしかありません。

下記のようにクレジットカード決済対応の病院がまとめられたページは存在しますが、この情報も最新であるという保証はまったくないので、ほんとうに使えるかどうかは病院側に確認をするしかない状況です。

加えて上記の「病院なび」では1,247件の病院がクレジットカード利用可…となっていますが、全国各地にある小さな診療所や歯科医、産婦人科などを含めると、軽く数千件以上の病院&クリニックでカード払いが使えるはず。

そのため、こういった一覧リストは所詮、一部、カード払いが使える病院をまとめただけのリストにしかなっていないと思われます。これらの病院がすべてではありません。

カード決済対応の病院は増加傾向:

但し、病院の種類によってクレジットカード払いがほぼほぼ完備されている…という傾向はあるにはあります。

例えば大学病院や私立病院などの大規模な病院。

こういった高度医療を提供する大型病院ではまず、クレジットカード払いが使えないことはありません。最近では自動精算機なども完備され、その精算機においてカード決済OKな場合すらあるくらいです(下記は順天堂医院の例)。

クレジットカードでの支払いは出来ますか?

VISAカード・Masterカード、JCBカード、UCカード、American Expressカード、Diners Clubカード、DISCOVERカードがご利用いただけます。

市立病院や市民病院の普及はまだまだ:

反面、市立病院や市民病院などは使えない場合もまだまだ多い感じ。

都市部にある病院であればそれでもカード払いを受け付けてくれますが、地方の病院などではまだまだ現金払いのみ…というところも多いですね。心配なら事前に使えるかどうかを確認した上で、診察してもらうようにしてください。

病院の種類 解説
大学病院 大学付属の大学病院などでは、今や当然のようにVISAやMasterCardが利用可能です。慶応大学病院、順天堂大学順天堂医院、東京女子医大病院、昭和大学病院などなど、どこでも基本はカード払いOKだと思って大丈夫でしょう。
国立病院 全国に200程度ある国立病院についてもカード支払いは問題なし。東京医療センター、大阪医療センターといった都市部にある病院はもちろん、県立宮崎病院や箱根病院といった場所でもカードは使えます。
市立病院・市民病院 各市町村にあるような市立病院や町立病院については、クレジットカードが使えるかどうかは微妙なところ。まだまだ使えないところも多い印象なので、カードを使いたいなら事前に病院に電話をして確認ください。
赤十字病院 赤十字病院と呼ばれる病院ではクレジットカード払いがだいぶ浸透してきた感じ。日本赤十字社医療センター、さいたま赤十字病院、大津赤十字病院、京都第一赤十字病院などでクレジットカード決済が利用可能です。 
労災病院 労災病院でもクレジットカードが使える傾向に。関東労災病院、東京労災病院、福島労災病院、九州労災病院、横浜労災病院などでVISA、MasterCard、JCBが問題なく利用可能です。

産婦人科や歯科医も積極的:

あと、小規模な診療所やクリニックでも、産婦人科や歯科医での導入は進んできている印象。産婦人科は出産費用が高くなりがちであること、そして歯科医ではインプラント手術などの自由診療が多いということがその理由としてあげられます。

  • 産婦人科:出産費用が高いのでカード決済導入に積極的
  • 歯科医:インプラントなどの自由診療のためにカード払いを導入

とはいえ、それらのカード払いOKな病院すべてで常にカードが使える…というわけではなく、これらの病院でも「出産費用のみカード払いOK」とか、「自由診療の場合のみカードOK」などの条件付きでカード払いを導入している場合も多いですね。

つまり儲けの少ない部分ではカード払いを禁止し、儲けが多い部分ではカード払いを受け付ける…といった構図があるので、『ちょっと虫歯になってしまったけど、手元にお金がないからカードが使える歯科医を探している』といったような場合には、事前にしっかり、病院側にどういう条件でカード決済可なのかを確認しておくと安心でしょう。

小規模病院 解説
歯科医院(歯医者) 使えるところが増加傾向に。但し、支払いで使えるのはインプラントやホワイトニングなどの自由診療のみの場合も。
産婦人科 産婦人科での出産費用等はクレジットカード出来るところが多い印象。反面、定期健診などの費用は現金のみというところも多いです。
美容外科 クレジットカード決済が使えるところが主流。こちらも自由診療のみがクレジットカード決済OKの場合も多いので、事前確認を。
内科、外科、整形外科、形成外科 まだまだクレジットカード払いが使えるのはごく一部。どうしてもカード払いをしたいなら、事前にカードが使える病院を調べた上で行ったほうが無難です。

決済手数料を患者側に負担させる病院も:

一部の中規模病院やクリニックなどでは、クレジットカード払いを使おうとすると現金払いよりも3~5%程度の手数料を上乗せして代金を請求してくる場合があります(病院側が負担する手数料について知らない方は下記記事を参照)。

これは病院側がカード会社側に払う手数料を負担したくないという意向があるため。要するにカード払いを使われてしまうと儲けが減ってしまうので、減ってしまう儲け分だけ患者に負担させようという魂胆なのですね。お気をつけください。

カード払いが使える病院は増加傾向:

f:id:cardmics:20170420173028j:plain

最後に。

昨今の経済事情や行政からの通達により、最近ではクレジットカード決済導入に積極的な病院が増えつつあります。

今はまだまだカード払いが使えない病院が多い状況はありますが、2020年頃までには大多数の病院でVISAカードやマスターカード、アメリカン・エキスプレスといったカードが使えるようになるはずなので、完全普及まではもう一歩…というところ。今後の拡大に期待していきましょう!

以上、病院でクレジットカードは使える?VISAやJCBといったクレジットカード決済が利用できる病院と、利用できない病院の調べ方を解説します…という話題でした。

参考リンク:

病院代の支払い向けにクレジットカードを作りたい…という方は、下記のポイントが貯まりやすいカードがおすすめ。これらのカードで治療費の支払いをすればポイントがたくさん貯まる分だけ家計の節約が可能ですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP