クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

暴力団が身分を隠してクレジットカード申込や銀行口座開設をすると、不正所得とみなされて詐欺容疑で逮捕される…という話。

http://www.flickr.com/photos/9286726@N03/6847230925

photo by GonzaloMMD

とある暴力団の組長が身分をかくしてクレジットカードを申込したばかりに、詐欺容疑で逮捕された…というニュースがTBSで報道されていました*1

静岡市の山口組系暴力団組長が警視庁に出頭し、クレジットカードを不正に取得した疑いで逮捕されました。(中略)

○○容疑者は2012年6月、カード会社、オリックス・クレジットに対して暴力団組員であることを隠し、クレジットカードを不正に取得した疑いが持たれています。

なぜクレジットカードを作っただけで逮捕されるのか?

2016年現在、金融庁による「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」という通達により、暴力団の所属する人間はクレジットカードや銀行口座を作成できない状況にあります(作成してしまっては企業側が罰せられます)。

そのため、暴力団という身分を偽って口座やカードを入手した場合には、不正取得=詐欺にあたり、逮捕されてしまうことに。過去にもたくさんの方が同様の罪で逮捕されているので、わりかしよくある事件といえば事件です。

逮捕容疑は共謀し、平成17年、組員の利用を禁止しているクレジットカード会社から、身分を隠して○○容疑者名義のカードを契約してだまし取り、同社が暴力団排除条項を設けた21年以降もカードを更新して退会しなかったとしている。

ちなみに上記のニュースによると新規作成だけでなく、クレジットカードの契約を更新をして使い続けただけでも詐欺容疑は成立する模様。とにもかくにも暴力団組員がクレジットカードを持つのは難しい状況があるのですね。

多くの方がクレジットカードを持っている?:

…とはいえ、NEWSポストセブンの記事によると、暴力団に属する方の44%がクレジットカードを保有している…という情報もあります。

【問2】「クレジットカードは持っていますか?」

【回答】「はい」44% 「いいえ」56% (中略)

「もう10年近く前、会社の役員として正式に取得した。支払いも滞りなくしてる。更新できなかったカードもあるが、●●(伏せ字)は甘い」(60歳、関東)

対面で質問した際は実際のカードも見せてもらった。ゴールドカードには紛れもなく暴力団員の本名が印字されていた。ただし、東京近郊は審査が厳しいという。地方によって温度差がある。

バレた人だけ逮捕されている現状?

仮にこの情報が正しいとすると、たまたまクレジットカード作成時に暴力団だということがバレてしまった方のみ、実名報道&逮捕されている…と考えるのが正しいのかも。

残りの無事(?)にカード会社の審査を通過できてしまった場合は、まるで何事もなかったかのように今日もクレジットカードを使って買い物をしていることでしょう(下記は銀行口座開設に関するコメント)。

昔は普通に作れた。そのときの口座をみんな持ってる。暴力団の身分を隠して口座を開設すると詐欺やが、それも7年経てば時効で、表沙汰になっても詐欺事件にはならん。

以上、暴力団が身分を隠してクレジットカード申込や銀行口座開設をすると、不正所得とみなされて詐欺容疑で逮捕される…という話でした。金融庁が本気で規制をする気があるのであれば、もう少しカード会社や警察と連携をして、取り締まりを強化してほしいなと思います。

参考リンク:

家族や兄弟、親戚に暴力団関係者がいるとクレジットカードを作れない…なんて思っている方は下記記事も参考に。基本的には例え父親や母親が反社会的勢力に属する方でも、自分がそうではないならクレジットカード作成は可能ですよ。

news.cardmics.com

*1:特に本名を書く必要性は感じない記事なので、名前は○○とさせていただいています。

PAGE TOP