クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ブロガーとアフィリエイターをわざわざ区別することについて。本来、まったく違う行動をする人たちを比較することに、意味はありません。

http://www.flickr.com/photos/11583872@N00/167783571

photo by tarop

とある有名アフィリエイターの方の記事を読んで、なるほどなーと思ったので紹介させていただきます(アフィリエイト業界では超有名な方です)。

ブロガーとアフィリエイターの違いは何か?

僕はこの対比論があまり好きではないのですが、良く語られるのでこの機会に考えてみたいと思います。

そもそもなぜ好きでないかというと、この分け方自体が不毛だからです。というか、この比較自体がアフィリエイター批判するために用いられることが多いため、アフィリエイターに不利に使われることが多いってのもあるけど、まさに上記リンク先の分け方とか酷いな、これ(笑)

本来、両方の単語は純粋にこういう意味です。

  • ブロガー:ブログを書く人
  • アフィリエイター:アフィリエイトをする人

単に全く別の行動をする人を表現する言葉ですよね?(中略)

なので、ブログにアフィリエイトを導入してお金を稼ぐ行為を批判したい人が、そういった人にレッテルを貼り悪いイメージを付与するために用いられているかわいそうな言葉が「アフィリエイター」なのではないかと。言葉って怖いですね。

アフィリエイターというマイナスイメージ:

前後の文脈がないとちょっとわからない引用になってしまってはいますが、この視点は凄く面白いなーと。ブロガーが自分のことをアフィリエイターと呼ばないのは、アフィリエイターと自分は違うんだよ…という軽蔑感が確かにありそうな感じがします。

そして、こっそり氏がおっしゃるようにブロガーとアフィリエイターというのはまったく別の行動をする人たちなので、そもそも比較すること自体に意味はありません。それにも関わらず、

  • あいつはアフィリエイト広告を貼ってるアフィリエイターだ!
  • 自分はアフィリエイト広告も使うけど、自分の意見を書いてるからブロガーだ!

…なんて不毛な議論が行われてしまっているのですね。いやはや、なかなかおもしろい考察ですよね(SEO対策でいうところの、ホワイトハットSEOとブラックハットSEO議論に近いのかも)。

アフィリエイターとブロガーは一緒:

続けて記事を読み進めていくと、更に納得感のある記述がありました。

アクセスが伸びないブロガーと儲からないアフィリエイターは同じ括りということになります。また、人気ブロガーと儲かっているアフィリエイターも同じ枠。彼らは一緒にされたくないみたいだけど、実は同じです。

私も凄く同感ですね。人気ブロガーと人気アフィリエイターは近いものがあるというのは確かです。なぜ違う道を進んでしまったのかは、こちらも下記の引用通りだと思います(ここでアフィリエイト批判論が誕生?)。

かつてブログブームが盛り上がっていた頃、顧客視点を持ち成功しているブロガーは二つの流れに分かれていきました。

  • お金儲けてもいいんじゃね?
  • ブログで稼ぐなんてとんでもない!

成功している人だけにフォーカスすると、先に書いた比較論で語られるときの「ブロガー」の多くは後者を選択し、「アフィリエイター」は前者を選択した。実はこれだけの違いです。

ブログだって儲けて良いじゃないか:

http://www.flickr.com/photos/40613836@N03/4218276816

photo by xioubin low

今回の記事は別にブロガーに対して不満を言ってるわけではなく、言いたいのは単純に、ブロガーもアフィリエイターも基本は一緒だということ。

今後、ウェブを使って収益化を図るというのは、今よりもっと職業として定着していくと思うので、このあたりで『ブロガーか?アフィリエイターか?』という不毛な議論はもう終わりにしたいところですね。ウェブで収入を稼ぐ人は、ブロガーだろうがアフィリエイターだろうが誰でも同じ…で良いじゃないですか。そう私は思います。

以上、ブロガーとアフィリエイターを区別することについて…を、引用を使いながら私の意見を書かせて頂きました。

参考リンク:

ブログで収入を稼ごうとするなんて非効率だ!なんて言われることが最近ではかなり多いので、そのあたりの反論を書いた記事を参考リンクとして置いておきます。やり方次第ではそこら辺の企業に働きに行くよりもよほど、効率的ですよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP