クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

駄記事は過去の日時で公開すれば良いのだけれども、はてなブログは仕様上、読者登録をしている方には新着として表示されてしまう。

http://www.flickr.com/photos/63227032@N00/5983723237

photo by Javier Domínguez Ferreiro

『いや~、ひどい文章を書いてしまったな…』という駄記事については、基本、新着記事として表示せずに過去の日付で公開してしまえ!というのが私のポリシー。

これは敢えて新着記事として公開する価値がない記事であるならば、いつも読んでくれる方に届ける必要性はない…と考えているため。特に超初心者向けの記事や、検索エンジンからのアクセスを獲得するための記事などについては、新着表示をしてもガッカリさせてしまう可能性のほうが高いので、こっそり公開するようにしています。

  • 駄記事…過去の日付で公開
  • 超初心者向け記事…過去の日付で公開
  • 検索エンジン対策の記事…過去の日付で公開
  • 読んでもらいたい記事…最新の日時で公開

はてなブログでは難しい:

しかしこれ、当サイトが利用しているブログサービスである『はてなブログ』では、ちょっとむずかしい仕様になっています。なぜなら、はてなブログでは読者登録をすると、公開日時に関わらず新着記事として表示されてしまう仕様になっているためです。

  • 見た目:ウェブサイト上では新着として表示されない
  • 管理画面:過去の日付で公開しても、新着として表示される

つまり有り難いことに当サイトを読者登録してくれている方に、駄記事をどんどん配信してしまう仕様になっているということ。せっかく過去の日付で公開したとしても最新記事として表示されてしまうなら、意味はありませんよね(汗)。

最悪の場合には読者離れにも繋がってしまう可能性があるように思います。

仕様変更してほしい:

この記事もダメ記事なのでバックデートで公開しますが、たぶん、読者登録をしてくれた方の目には新着記事として表示されてしまうかと思います。駄記事ですいません…ほんと読まなくていいんです…。

出来ればWordPress同様、過去の日付で公開したものについては新着表示されない仕様に変更してほしいです。はてなブログさん、よろしくお願いします。

以上、駄記事は過去の日時で公開すれば良いのだけれども、はてなブログは仕様上、読者登録をしている方には新着として表示されてしまう…という話でした。

参考リンク:

はてなブログのカスタマイズ方法や、アクセスアップの手法等については下記記事も参考に。当サイト『クレジットカードの読みもの』が過去に書いた詳細記事をまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP