クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

同じ広告収入目当てでも企業サイトはOKで、個人ブログだからダメな理由がわからない。ブログへの広告掲載について考える。

http://www.flickr.com/photos/44124363356@N01/3098445189

photo by stijn

ブログに広告を貼ることについて、色々と議論になってますね。少し自分も意見を書きたかったので、記事にしてみます。

ブログ広告に関連する記事:

残念ながら上記記事を擁護しているわけではありません。あくまでブログの広告掲載について考えた記事です(^_^;)。

インターネットは広告収入によって成り立っている:

ご存知の方も多いように、インターネットという世界は見事なまでに広告収入によって成り立っている世界です。

GoogleYahoo!はもちろん、価格コム食べログも、FacebookmixiのようなSNSも、更には読売新聞毎日新聞やニュースであっても、広告収入がなければサイトは成り立ちません。しかしそれらのサイトに対して『広告狙いのカス』といった類の言葉は投げられることがありません。

個人ブログやアフィリエイトサイトは許せない?

反面、広告を貼っている個人ブログやアフィリエイトサイトはどうでしょうか?

入念に調査された有益な情報を発信していても広告があるというだけで、もうこの世から消えてなくなれと言わんばかりの罵声が投げつけられます。

  • 3日かけて書いた長文記事…広告狙いのカス
  • 現地にいって写真撮影して紹介…カネ目当て乙
  • 実際にお金をかけて体験レポ…アフィカス

こんな感じですよね(汗)。

例え新聞社の記事よりも詳しく、そして価格コムよりも優れた比較をしていたとしてもゴミ記事扱い。中身がスカスカな駄記事に対して投げつけられるのであればわかりますが、しっかりとした中身のある記事でも同様の反応をされるケースって多いように思います。

この違いって一体なんなんでしょうか?これが個人的にはよくわかりません。

スマホの誤クリックだって、大手もやってる:

今回のはてなブログ内での騒動で話題になった、スマホの誤クリックについても、大手企業サイトでもやってますよね。一番上にレクタングル広告を持ってきていたり、スライド式の広告がついてくるなんてところも多い(つい誤タップしてしまいます)。

それでも大手なら広告目当てとは言われずに、個人ブログだと邪魔だと言われる。くどいようですが、この違いって一体なんなのか、今回、自分としてはその答えが出ませんでした(個人的にもスマホ広告は嫌ですけどね)。

個人ブログのいけないところ:

http://www.flickr.com/photos/12836528@N00/5532251255

photo by kevin dooley

その上で個人ブログのいけないところも書いておこうと思います。

個人ブログやアフィリエイトサイトのいけないところ、それは広告を広告だと読者にわからせずにクリックさせようとするところ。これだと思います。

だからクリックさせられてしまった時に、広告を貼っているそのサイトに対する敵意みたいなものが生まれるのかもしれないなーと。しかし、AdsenseやAmazonのアソシエイト広告しか貼っていないところでも、嫌われているケースが多いので、それだけで説明が付くわけではありません。

  • 価格コムは良くて、アフィリエイト広告の比較サイトはダメ
  • ポータルサイトは良くて、個人ブログのAdsenseはダメ
  • 新聞社の記事広告は良くて、アフィリエイトのレビュー記事はダメ

結論がないままに記事を終えますが、どなたか教えてもらえると嬉しいです。

文末リンク:
PAGE TOP