クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードマニアはなぜ、入手困難なブラックカードを欲しがるのか?簡単に手に入らないからこそ欲しくなるコレクター心理なのかも。

http://www.flickr.com/photos/45289135@N00/215464026

photo by Camera Slayer

私は幸いにも、現在、JCB THE CLASSとダイナースクラブ プレミアムカード、SBIワールドマスターカードという3種類のブラックカードを保有しています。

これらのカードも十分に凄く、入手困難なカードなんですが、日本で発行されている最高峰のブラックカードといえばやはりアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード、このクレジットカードで誰も異論はないはず…。

そのため、残念ながらいくらすでに3枚のブラックカードを持っていたとしても、このブラックカードを入手できていない状況では、現状に満足することが出来ない感じなんです。ええ、ただ自己満足できるかどうかの問題…ですね(日本で発行されているブラックカード一覧は下記記事をどうぞ)。

ほんと入手が難しいセンチュリオンカード:

このセンチュリオンカード、すべてのクレジットカードの中でも最高峰なだけあって、年会費も30万円以上という、ダントツな金額です。

しかも最近では新規に発行されているのかどうかもわからないくらい情報封鎖がされてしまっているので、入手方法などの情報も不明…。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるくらいの感覚で狙っていくしかありません(アメックス側から保有を許可されて、はじめて申込をすることができます)。

入手方法はアメックスのプラチナカードを使うしかない:

そのため、私は日々、いつの日かセンチュリオンカードを入手することを夢みて、アメックスのプラチナカードを工夫して利用しています。

例えば、ユニクロとかの大衆店で購入するときは他のクレジットカードを使い、高級ショップやレストランなどではアメックスプラチナを使う…といったように、出来る限りお金持ちのふりをしてます(笑)。こうすればセンチュリオンカードの審査に、良い影響が出るんじゃないかという思惑ですね。

また、アメックスのサービスも出来る限り利用してます。ダイニングアクセスやチケットアクセスなど、使えるサービスはとにかく使って、『私は御社の上顧客ですよー!センチュリオンカードを持つにふさわしいお客さんですよー!』というアピールをするんです。

ほんと、自分で言っちゃなんですが、涙ぐましい努力だと思いませんか?(笑)

それでも入手できないセンチュリオンカード:

それでも現状、まだセンチュリオンカードを入手することが出来てません。

他のクレジットカードを使ったほうがポイント面などではお得なのに、コツコツと身銭を切って、アメックスを使い続けるしかない状況…。

いわば「アメックスにお布施をしている状況」なわけですが、これがいつまで続くのかもわかりません。前述のようにアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードが欲しいならば、使い続けるしか入手方法がないのです。

入手困難なブラックカードをなぜ求めるのか?

http://www.flickr.com/photos/31267273@N04/5913148167

photo by Mustafa Khayat

ちなみに。

こういったブラックカードを求めている人は、なにも私だけではありません。日本国内でもたぶん、少なくとも数万人以上の方が『いつかはブラックカード』と思っているはず。意外かもしれませんが2ちゃんねるなどでも専門のスレッドが建てられるほど、多くの方が日々、情報交換している世界なんです。

きっとこれは、入手困難だからこそ不思議と欲しくなる、コレクター精神なんでしょうね。だから反対に入手が簡単なクレジットカードになってしまうと、一気に入手熱が下がることもありますよ(レア度が下がると見向きもされなくなります)。

以上、そんなクレジットカードマニアな世界もあるんだ…と、雑談がてら書かせていただきました。興味がある方はブラックカードの世界を、もっと覗いでみてくださいね。当サイト「クレジットカードの読みもの」でもまた紹介させてもらうつもりです。

参考リンク:

ちなみにアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードを入手するためにはまず、アメックスのゴールドカードを作り、その後、アメックスのプラチナカードの招待状(申込権利)を得たらアメックスプラチナに乗り換える必要性があります。

その後は記事中でも書いた通り、とにかくアメックスプラチナを買い物で使いまくるだけ。その使い方がアメックス側のお眼鏡にかかれば晴れてセンチュリオンカードを保有することが出来る…という流れになります。

もし「私も最高峰のブラックカードを作ってみたい!」と思う方がいましたら、下記のアメックスゴールドを作るところからはじめてみてもらえればと思います。

PAGE TOP