クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本初!ビットコインATMであるロボコインが、三重県鈴鹿市に設置完了。ビットコインを買いたい方だけでなく、日本円に換金したい方にも対応してます。

http://www.flickr.com/photos/22823034@N00/5914558006

photo by zcopley

2014年4月25日、日本初のビットコインATMが三重県鈴鹿市に設置され、その初設置を記念したイベントが同日、開催されたようです(詳しくは下記のプレスリリース参照)。

【ハーフデーイベント 概要】

  • テープカット・セレモニーで、ご購入者様へ記念すべき一台目の引き渡し。
  • ご購入者様による今後の運営について発表。
  • ロボコインのご利用方法について説明。
  • 報道関係者様と一般のお客様によるビットコインの売買。 
ロボコインの概要:

ビットコインATM『ロボコイン』の概要についても引用させてもらいます。マネーロンダリング防止対応から手のひら静脈認証まで、かなり高機能なATMになっているようです。

【ロボコイン 概要】

 米国のベンチャー企業RoboCoin(ネバダ州ラスベガス市、CEO Jordan Kelley)が米国国内で製造する、世界初のビットコインATMです。運転免許証スキャナー、手のひら静脈認証、顔写真撮影といった業界最高峰のマネーロンダーリング防止及び消費者保護機能を備えています。使い方は簡単で、ATMに円紙幣を入れてビットコインを購入します。逆に、ビットコインを売却して、円紙幣を受け取ることも可能です。

ビットコインの売買が可能:

http://www.flickr.com/photos/100239928@N08/9714198380

photo by btckeychain

前述のようにロボコインでは、ビットコインの新規購入と、保有しているビットコインの日本への換金が可能です。

  • ビットコインの新規購入
  • 保有ビットコインの日本円への換金

そのため、どちらかというとATMというよりかは、自動販売機に近いイメージのように感じますね。口座開設さえしてあげれば、スムーズな購入ができるようです。

ビットコインを円紙幣に換金するのは大変:

しかし、反対にビットコインを円紙幣に換金する場合は大変そのもの。この様子が4月25日のワールドビジネスサテライトで放送されていましたが、受け取るまでには10分程度の時間がかかるようです(本人認証などの手間がかかるため)。これはちょっと面倒ですよね。

尚、このロボコインは2014年5月上旬頃に東京都内(渋谷か六本木という曖昧な状況)にも設置されるようです。

まだまだ日本人には馴染みが薄く、問題点も多いビットコインですが、世界的に利用者が増えている状況を考えると、徐々に浸透していくのでしょうか?クレジットカードの読みものでは引き続き、経過を観察していきたいなと思います。

文末リンク:
PAGE TOP