クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ビックカメラの社員が、客のクレジットカード情報を悪用して捕まる!カード利用時に番号などの個人情報を控え、利用してしまった模様です。

http://www.flickr.com/photos/63195444@N00/187323560

photo by sama sama - massa

ビックカメラJR八王子駅店の社員(現在は元社員)である19歳の女性が、ビックカメラのお客さんが利用したカード情報を悪用したとして、警視庁に逮捕されました。NHKニュースによる報道です。

少女は、ことし3月、「ビックカメラJR八王子駅店」で勤務していた際、店のカウンターで25歳の女性が商品の購入代金をクレジットカードで支払ったときにカード番号などの情報を見て盗み取ったとして、割賦販売法違反の疑いが持たれています。

女性が翌月、別の店で支払いを行う際にカードが使えなかったことを不審に思い、カード会社に連絡したところ、少女が不正に使っていたことが分かったということです。 

単純にカードの仕組みを知らなかった?

勤務先で働いている時にお客さんのカード情報を盗みとって悪用し、それが原因で逮捕される。これって単純に、この19歳の少女はクレジットカードの仕組みを知らなかったのだろうな…と思います。

なにせこれだけわかりやすくカードを悪用してしまえば、芋づる式に誰が悪用したのかなんてわかってしまいますからね。しかもインターネットサイトでのポイント購入ともなれば、IPアドレスなどの利用者情報も記録される始末…。

そういった悪事がバレないはずがありません。

カードは目の前で決済する時代へ?:

こんな感じでどんな有名企業だろうが大企業だろうが、店員に対して自分のクレジットカードを預けると、一定確率で同様の犯罪が発生してしまう可能性あり

これを完全に防ぐようにするためにはやはり、目の前でクレジットカード決済をしてもらう…これしかないのかもしれません(経営者の方は社員やバイトへの徹底を!)。近年ではiPhoneやiPadを利用したモバイル決済も順調に普及してきているので、将来的にはそんな流れになっていくのだと思います。

以上、ビックカメラの社員が、客のクレジットカード情報を悪用して捕まる!カード利用時に番号などの個人情報を控え、利用してしまった模様です…という話題でした。今回はビックカメラの社員でしたが、次はどこの企業の社員が割賦販売法違反で捕まるのか…引き続き、チェックしていきたいと思います。

参考リンク:

『仮に自分のクレジットカードが悪用されちゃったら、その損失は誰が負担するの?』という疑問をお持ちの方は、下記記事も参考に。基本的にクレジットカードには盗難保険という有り難い保険が備わっているので、保険申請を適切に行えばみなさんが負担すべき損失は0円で済みますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP