クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

au WALLETクレジットカード新規発行申込が受付開始!au WALLETカードとは異なる、ポストペイ型のクレジットカードです。

f:id:cardmics:20141028093212j:plain

KDDIのニュースリリースによると、2014年10月28日よりau WALLETのクレジットカード版である、『au WALLETクレジットカード』の申込受付を開始するようです。

KDDI、沖縄セルラーは、2014年10月28日より、KDDIフィナンシャルサービス株式会社 (代表取締役社長: 石月 貴史、本社: 東京都港区) と共に、「au WALLET」の新サービスとして、国際ブランドVisaに対応した提携クレジットカード「au WALLET クレジットカード」の発行を開始します。

ただのクレジットカードです:

プリペイド型のau WALLETカードで人気が出たので、ポストペイ型(後払い)のカードもだそう…という試みなんだとは思いますが、まぁ、au WALLETカードは一周回ってただのクレジットカード発行となりました(ポストペイ型の支払い手段=クレジットカード)。

au WALLETクレジットカードの特徴としてはKDDIならではの、携帯電話料金に関する保有メリットが盛り込まれる他、au WALLET同様にポイントアップ店舗はそのまま共有されるようなので、人によっては使うメリットがあるカードになるのかも。

ポイントアップ店舗以外の普通のお店でのポイント還元率も1.0%と、悪くはありません。

au WALLETへのチャージにも使える:

あともうひとつ、KDDIのニュースリリースには面白い内容も見受けられました。それがこれです。

貯まった「WALLET ポイント」は1ポイント=1円として、「au WALLET クレジットカード」のご請求金額やauご利用料金への充当、au携帯端末の購入・修理代金など、様々な用途でご利用いただけるほか、「au WALLET カード」へチャージいただくことで、日々のお買い物のお支払いにもご利用可能です。

これはauとしても、『au WALLETクレジットカードを使って、au WALLETへのチャージを想定している』ということ。間違いなく、なんらかのチャージメリットがあるということだと思います。

この辺はもう少し詳しく研究してみる必要性がありますが、

  1. au WALLETクレジットカードでau WALLETをチャージ(還元率1%)
  2. au WALLETをお店で利用(還元率0.5%)

という感じに組み合わせてポイント還元率1.5%を実現させるのかもしれませんね。調査終了次第、また記事にさせてもらいます*1

以上、au WALLETクレジットカード新規発行申込が受付開始!au WALLETカードとは異なる、ポストペイ型のクレジットカードです…という話題でした。

関連記事:

au WALLETクレジットカードが欲しいけど、クレジットカードって作ったことないしなんか怖い…という方は、下記記事も参考に。クレジットカードを作ったことがない方が、勘違いしていがちな誤解をまとめています。

news.cardmics.com

*1:追記:その後のリリースで、au WALLETのチャージにau WALLETクレジットカードを使った場合には200円あたり1ポイントしかポイントがたまらないそうです。合算してポイント還元率1.0%なので、わざわざau WALLETカードにチャージなどしなくても、そのままau WALLETクレジットカードで払ってしまってOKだと思われます。

PAGE TOP