クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

au WALLETが誕生!マスターカード加盟店で利用可能なプリペイド方式の電子マネーに、どこまでの需要があるのか楽しみです。

http://www.flickr.com/photos/20741443@N00/230669841

photo by Ian Muttoo

auが新サービスとして、au WALLET(エーユーウォレット)というプリペイド形式の電子マネーを2014年5月21日から開始するようです。Engadget Japaneseが報じました。

KDDI はau 夏モデル発表会で、新たな電子マネーサービス au WALLET を発表しました。特徴は誰でも使えるプリペイド型でありながら、ネットでもリアルでも、クレジットカード加盟店でも使えること。auの掛け声は「グッバイ、おサイフ」。

セブン-イレブンを始めとした国内の多くのリアル / ネット店舗やサービスで使えるほか、MasterCard と提携し、世界で3180万のMasterCard加盟店で利用できます。また電子マネーでお約束のポイントもあり、KDDI の通信料でもポイントが貯まります。  

プリペイド型のVISAデビットカードのようなもの:

業界に詳しい方のためにざっくりと説明すると、au WALLETは言わばプリペイド型のVISAデビットカードみたいなものですね。VISAデビットカードは銀行口座残高と連携しますが、このau WALLETは先にチャージしておくことで、その残高分だけ利用可能になります。

  • VISAデビットカード…銀行口座残高分だけ利用可能
  • au WALLET…先にチャージしておいた分だけ利用可能

こう比較してみると、au WALLETにはあんまり需要がないような…という気がしなくもありませんが、さてさてどうなることやら。

個人的には都度、チャージしないと使えないって凄く面倒ですし、チャージ上限も10万円までと高額利用には向いていないことを考えると、どこまで需要があるのか疑問に思います(オートチャージ対応になるのかも?)。

クレジットカードチャージに期待?

とはいえ、au WALLETはポイントマニアの方には面白いカードになる可能性もあります。それは、プリペイド分がクレジットカードチャージ出来るということ。仮にポイント還元率の良いクレジットカードを使ってチャージが出来るのだとしたら、下記の2つを同時に貰うことが出来ます。

  1. チャージした時に得られるカードポイント
  2. au WALLETを利用した時に得られるポイント

まぁ、これに関してはSuica、楽天Edy、nanacoなど他のプリペイド型電子マネーでも同様の話ではありますね。このあたりのプリペイド型電子マネーと、どう顧客を取り合っていくかが、au WALLETが成功するかどうかのカギになりそうです。

au WALLETに関する追記:

追記です。私のヘタな予想とは裏腹に、au WALLETはものすごい勢いで発行され、店頭で利用されているようです(苦笑)。世の中的にはクレジットカードを使いたくない、後払いは嫌いだ…という需要が、こんなにも多かったのですね、意外です。

これだけ需要があれば今後もau WALLET払いは根強く残っていくはずですし、他社も同様のプリペイドカード発行をしてきそうな勢い。クレジットカードやデビットカード払いと、どこまでこれらのプリペイドカード需要が拮抗していくか、今後、継続して動向をチェックしていきたいなと思います。

以上、au WALLETというプリペイド型の電子マネーが誕生した話題でした。引き続き、そのメリットなどが分かり次第、記事にしていきたいと思います。

関連リンク:

au WALLETについてもっと詳しく知りたい…という方は、下記記事もあわせてご覧ください。一般的には電子マネーやプリペイドカードの扱いとされていますが、仕組みそのものはクレジットカードと同じですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP