クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

au WALLETを海外で利用すると4%の手数料がかかる!MasterCard加盟店ならどこでも利用可能ですが、海外では使わないほうが無難かも。

http://www.flickr.com/photos/97544179@N00/8689168943

photo by Paolo Margari

au WALLETをさっそく海外で利用してみた…という記事を読んでいたら、au WALLETの海外決済手数料の記述がちょっとだけあってビビりました。

スマートフォンはiPhone 5sを使っており、現地ではモバイルWi-Fiルータを使ってネットワークに接続していたのだが、アプリの残高にはすぐに支払い金額が反映された。それも日本円の価格や交換レートまで表示してくれるのが嬉しい。なお、海外で利用した際には4%の手数料がかかる。 

どこのクレジットカードでも海外利用時には為替交換のための手数料がひかれるのは普通なのですが、4%はどのカードの中でもかなり高い部類…(通常は2%前後が多い)。 そのため、いくらau WALLETはチャージでポイントが稼げるとしても、海外では利用しないほうが無難かもしれません。

公式サイトにも記述有り:

ちなみにこの為替手数料については公式サイトにもしっかり記述がありますね。

為替変動調整費について

海外でのご利用時には海外利用手数料4%が発生いたしますが、ご購入時の為替レートとお支払金額確定時の為替レートの差異によって自動返金や追加で残高の引落しが行われる場合がございます。

上記に該当する場合、お買い物履歴画面にて「為替変動調整費」としてご確認いただけます。

そのため、海外でau WALLETを使う予定がある方は、無駄に手数料ばかりがかかってしまう可能性が高いので、やはりクレジットカードを1枚作って持っていったほうがおすすめだと言えそうです(海外向けのクレジットカードについてはこちら)。

海外通販サイトにも注意:

加えてもうひとつ。

au WALLET自体はMasterCardそのもののような存在なので、MasterCard加盟店であればどこでも利用することが出来るわけですが、世はボーダーレスな時代。特にネット決済では国内で買い物をしているつもりでも、いつの間にか海外で利用したことになっているケースもありえます(PayPalでの支払いなどが有名ですね)。

4%の海外サービス手数料は馬鹿にできませんので、みなさんもau WALLETを利用する場合にはその点、少しだけ注意をするようにしてみてくださいね。

以上、au WALLETを海外で利用すると4%の手数料がかかる!MasterCard加盟店ならどこでも利用可能ですが、海外では使わないほうが無難かも…という話題でした。

参考リンク:

au WALLETはどこのお店で使えるのかよくわからない…という方は、下記記事も参考に。au WALLET払いが使えるお店をわかりやすく紹介しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP