クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

うちの店でもApple Payを使えるようにしたい…という店舗経営者のために、iD、QUICPay、Suica等のアップルペイ決済の導入方法を解説。

f:id:cardmics:20170409111246j:plain

今回は飲食店や小売店とった店舗経営者のために、iPhone版のおサイフケータイとも言えるApple Pay決済の導入方法についてまとめてみたいと思います。

今後、Apple Pay決済導入を希望する経営者は増えると思うので、話題にのって早めに導入したいと思うのであれば、早め早めに相談&申込をするようにしてくださいね。

Apple Pay決済を受け付けるためには:

まず、2017年6月現在、日本国内でApple Pay決済を受け付けるためには、iD(アイディー)かQUICPay(クイックペイ)と呼ばれる電子マネーの加盟店になる必要性があります。

『なぜApple Pay決済を受け付けるため、iDやQUICPayという電子マネーと契約をしなくちゃいけないの?』と思われるかもしれませんが、日本国内におけるApple PayはiDとQUICPayのインフラに相乗りする形で開始されたので、そういうもんだと思っておけばOKです(Apple Pay公式の記述から引用)。

店舗で

まずレジの担当者に、QUICPay、iD、Suicaのいずれかで支払うことを伝えてください。QUICPayかiDで支払う時は、iPhone 7の場合はTouch IDに指を載せたままiPhoneをリーダーにかざしてください。

Apple Watch Series 2では、サイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざしてください。Suicaで支払う時は、デバイスをリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

(中略)

あなたのクレジットカードやプリペイドカードを加えられます。

あなたがApple Payで設定したクレジットカードやプリペイドカードは、QUICPayまたはiDとして割り当てられるので、日本全国のお店で支払いに使うことができます。

f:id:cardmics:20160908170325g:plain

iDやQUICPay加盟店になるには:

では、肝心のiDやQUICPayの加盟店になる方法は…というと、これはカンタン。

下記に加盟店になるための公式ページを置いておきますので、それらのサイトにて株式会社ジェーシービーか三井住友カード株式会社に問い合わせをいれてみてください。そうすれば各社の営業担当より連絡が入るはずなので、あとはその方と打ち合わせをしながら導入コスト等の詳細を確認してもらえればOKです。

尚、iD決済導入には2ヶ月~2ヶ月半程度、QUICPayでも1ヶ月半以上はかかると思うので時間にゆとりをもって申し込むのがおすすめです。

費用0円で決済機を導入したいなら:

『いやいや、Apple Payをうちのお店で使えるようにしたいからといっても、10~20万円も初期費用をかけていられないよ?』という方は、モバイル決済と呼ばれる、iPhoneやiPadなどの端末を利用した電子マネー決済を導入するのも手(サービス開始そのものは2017年夏頃より)。

下記の楽天ペイやAirペイであれば実質0円で導入が可能なので、今のうちから申込&申請をしておくと、この夏、スムーズにApple Payを導入できるかもしれません。

詳しくは各公式サイトか、下記のモバイル決済を比較した記事をご覧ください。

news.cardmics.com

Suica決済を導入するのも手:

f:id:cardmics:20170503091852j:plain

『なんだかiDとQUICPayって手軽さがなくて嫌だ…』という経営者の方は、Suica決済のみを導入してみるのも手。

こちらであればピッと決済端末に近づけるだけで支払いが完了するので、Apple Pay利用者側も更にストレス無く支払いに使うことが出来るためです(理想はSuica、iD、QUICPayの3つを導入すること)。

では、Suica決済をお店で導入するためにはどうすればいいのか…というと、それは下記記事に詳しくまとめてあるのでそちらを参考に。前述のモバイル決済を導入すればコスト0円での導入も可能ですし、しっかりとした決済端末を購入して設置する方法もありますよ。

以上、うちの店でもApple Payを使えるようにしたい…という店舗経営者のために、iD、QUICPay、Suica等のアップルペイ決済の導入方法を解説してみた…という話題でした。加盟店になって是非、店舗の売上アップを目指してみてくださいね。

参考リンク:

『まだまだ現金払いだけでもいいんじゃない?』と思っている店舗経営者の方は、下記記事も参考に。2017年にはマクドナルドやモスバーガーでもクレジットカード決済導入が実施されるので、日本も一気にキャッシュレス社会になっていきそうです。

news.cardmics.com

PAGE TOP