クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Apple PayはiPhone7のどこに内蔵されている?iPhoneのどの部分を決済機にかざせば、Apple Pay払いが使えるのかを解説。

iPhone版のおサイフケータイとも言える「Apple Pay(アップルペイ)」。

このApple Payは晴れて10月25日付で日本国内でも利用開始となりましたが、昔からおサイフケータイに慣れ親しんできた方であればきっと『iPhoneのどこにApple Pay用のチップが埋め込まれているのか?』か気になるところですよね。

なにせ従来のAndroid携帯におけるおサイフケータイ機能では、内蔵場所に下記のようなマークが表示されていたので、どこに内蔵されているのか非常に明確でした(こちらより転載)。

f:id:cardmics:20161025194955g:plain

反面、iPhone7などでは背面のどこをどう探してもその場所が刻印されていないので、『一体どこを決済機に近づければいいの?』と疑問に思っている方は多いはず。

  • おサイフケータイ(Android):内蔵位置が明確
  • iPhone:内蔵位置の明記無し

私もApple Payを使う前に少し不安だったので、このあたりのチップ内蔵場所について調べてみました。

Apple Pay用のFeliCaチップ内蔵場所:

結論から先に言ってしまうと、Apple Pay用のアンテナはiPhone7のかなり上のほうに内蔵されています。

実際、Apple Pay機能でSuicaカードを読み込む際の説明図を見てもらうとそれは一目瞭然(下記画像)。

f:id:cardmics:20161025195835g:plain

iPhoneの上部のあたりをSuicaの真ん中に置くことで、Suica情報を読み取っていることを考えると、そのあたりの内部にNFCのアンテナが内蔵されていると予測されます。ちょうど、通話する時に使うスピーカーあたりの裏側といった感じですね。

ちなみに実際にiPhone7を分解した記事でも、その部分にNFC用のアンテナが内蔵されていることが裏付けられているので、興味がある方は下記記事もあわせてご覧ください。かざす位置はここで間違っていないのだなということがわかります。

カメラの横には、もう一つ今回の目玉であるFeliCaに対応するためのNFCのアンテナと思われる部品があった。

QUICPayやiDの決済機への近づけ方:

f:id:cardmics:20161025200502j:plain

ここまでわかればあとはもうカンタン。

Suicaを使うにしろQUICPayやiDを使うにしろ、決済機にはiPhone7本体の上のほうを当てればOKということです。これで支払いは問題なく可能なので、是非、どこに接触させれば良いかわかった方はどんどんApple Payを活用してみてくださいね*1

以上、Apple PayはiPhone7のどこに内蔵されている?iPhoneのどの部分を決済機にかざせば、Apple Pay払いが使えるのかを解説…という話題でした。

参考リンク:

Apple Payで使うのにお得なクレジットカードはどれ?という方は、下記記事を参考にどうぞ。ポイントが貯まりやすいApple Pay登録可能カードを紹介しています。

news.cardmics.com

*1:実際、Apple PayでSuica等を利用してみるとわかりますが、カードタイプのSuicaよりも数倍、感度が良い感じ。Apple Pay、ほんと快適ですよ!

PAGE TOP