クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhone7搭載のApple Payは、セブンイレブンやローソン、ファミマなどの大手コンビニで利用可能に!これは朗報です。

Seven-Eleven

iPhone7搭載のおサイフケータイ機能(Apple Pay)では、セブンイレブンやローソン、ファミマといった大手コンビニでも利用可能になるようです。Apple Payの公式サイトよりの引用です。

Apple Payにクレジットカードやプリペイドカードを追加しておけば、QUICPayかiDが使えるお店ならどこでも簡単に買い物ができます。 

『QUICPayやiDって?』という方に簡単に説明すると、QUICPayやiDというのは後払い型の電子マネーと呼ばれるもので、多くのコンビニエンスストア、カラオケボックス、スーパーマーケット等で利用できる支払手段のこと。

事前にApple Payの中に対象クレジットカードやプリペイドカードを登録しておけば、まるでSuicaや楽天Edyを使うような感覚で支払いを済ませることが出来ます。うーん、これは画期的&かなり便利になりそうな予感ですよね。

JCB側による公式発表も:

それを裏付けるように、クレジットカード発行会社大手のJCBもプレスリリースを発表しています(QUICPayはJCBが運用&管理している電子マネー)。

株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、10月から国内でサービス開始するApple Payに対応いたします。

Apple Payはお客様が常に持ち歩いている iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で1日を通してより簡単に、クイックに、そして安心、安全に店舗やアプリケーション・ウェブサイトでのお買い物の際にご利用いただけます。 Apple Payは安全性と個人情報の保護についても高いレベルの配慮がなされています。

どうやらApple Payを店頭で利用する場合には、『QUICPayで支払いをお願いします!』と店員に伝えないとダメっぽいですね。このあたりも正確な情報が分かり次第、記事にしていこうと思うのでもう少々お待ち下さい。

店舗でのお支払いはiPhone 7、iPhone 7 PlusとApple Watch Series 2が対応しており、全国のQUICPay 加盟店でご利用いただけます。お支払の際にQUICPayを利用する旨を店員の方にお伝えください。

Touch IDに指を載せたままiPhone 7、iPhone 7 PlusをQUICPayリーダーに近づけるだけで支払いが完了します。Apple Watch Series 2でお支払いされる場合にはサイドボタンを2回クリックしてからQUICPayの読み取り機に近づけてください。

しっかし、「Touch IDに指を載せたままiPhone 7、iPhone 7 PlusをQUICPayリーダーに近づけるだけで支払いが完了します。」とありますが、指をホームボタンに乗せた状態で読取機に近づけるのってちょっとむずかしくないですかね…と思うんですが、慣れれば大丈夫なんでしょうか?(苦笑)。

Apple Pay導入開始が楽しみな反面、ちょっと不安が残ります。

以上、iPhone7搭載のApple Payは、セブンイレブンやローソン、ファミマなどの大手コンビニで利用可能に…という話題でした。iPhone7に関する詳しい仕様については、下記のソフトバンクの商品ページもご覧ください。

参考リンク:

まだクレジットカードを保有していない…という方は、Apple Payのためにも作成検討を!下記記事では初心者の方におすすめのクレジットカードを紹介していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP