クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhone6の決済システム名称はApple Pay(アップルペイ)!予想されてたiWalletという名称ではなく、Apple Payを選んだようです。

f:id:cardmics:20180512140105j:plain

新型iPhoneである「iPhone6」がついに発表されましたね。

個人的にはiPhone6の発売自体に対する興味よりも、iPhone6にNFC(おサイフケータイのようなもの)が搭載されるかどうか…だったわけですが、見事に多くの予想通り、搭載されることになりました。これはナイスです!

iPhone版のおサイフケータイ名称について:

NFC決済サービスの名称はApple Pay:

NFCのサービス名称は従来予想されていたiWallet(アイウォレット)ではなくApple Pay(アップルペイ)。

  • 事前の予想:iWallet(アイウォレット)
  • 実際の名称:Apple Pay(アップルペイ)

このあたりはサプライズを演出したかったというだけでなく、もしかすると現在のCEOであるティム・クック氏が前任のスティーブ・ジョブズとの違いをアピールしたかったのかもしれません。

実際、私を含め、多くの業界関係者が度肝を抜かれました(苦笑)

Apple Payについては後日記事化予定:

まぁネーミングこそ違えど、Apple PayはiWalletと同じ仕組みであることに違いはなし。

そのため、当サイト『クレジットカードの読みもの』では、今後半月くらいに渡り、Appleの新決済サービスApplePayについての情報を10個くらいまとめていこうと思っています。

どうやら私たちが従来から知っているようなサービスではなく、Apple Payは今までの技術からは想像もできないような革新的なサービス内容になっているようなので、その魅力をすこしでも紹介できればなという感じですね。

以上、iPhone6の決済システム名称はApple Pay(アップルペイ)!予想されてたiWalletという名称ではなく、Apple Payを選んだようです…という話題でした。引き続きiPhone版のおサイフケータイともいえるApple Payについてどんどん更新していきたいと思います。

関連記事:

この記事を書いた後、日本でもApple Payが正式に利用開始されました。詳しくは下記記事にまとめてあるので、Apple Payを使ってみたいという方はご覧ください(Apple Payで利用可能なおすすめクレジットカード等についてもまとめています)。

news.cardmics.com

PAGE TOP