クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhone6搭載のApple Pay機能のまとめ!NFC決済サービスの仕組みから、その支払い方法や利用メリットまでを徹底解説します。

f:id:cardmics:20140910093228j:plain

iPhone6の発表と同時に公開された新決済サービスであるApplePay(アップルペイ)。このApplePayについての情報を今回は、自分の学習がてらにまとめてみました(iPhone6向けのApple Payを解説する記事)。

iPhone6でおさいふケータイを使いたい!と思っている方は、是非、この機会にApplePayの仕組みを勉強してみてくださいね。参考までにiPhone6とiPhone6 Plusのリリース時点での詳細記事を下記においておきます。

ApplePayまとめ:

ApplePayに関する記事を引用する形で、ApplePayとは何なのか?ということをまとめていきたいと思います。

ApplePayはおサイフケータイのようなもの:

iPhone 6 と iPhone 6 Plus には NFC が搭載され、新しい決済システム『Apple Pay』が使えるようになります。

Apple Pay とは、iPhone をかざすだけで品物やサービスの支払いができる「おサイフケータイ」のような簡単決済システムです。コンビニなどでの支払いが、iPhone だけでできる日がやってきます!

NFCというのは近距離通信を行うための仕組みのことです。おサイフケータイの国際規格のようなものなので、わかりにくい方は『NFC=おサイフケータイ』と置き換えて読めば問題ないと思います。

AppleはNFC導入に消極的だった:

iPhone 6はこれまでの機種とは違って、Apple PayのためにNFCが搭載されています。これまでの近距離通信を省くという習慣を取り除いたことで、やっと他のスマートフォンに追きました。アップルはこれまでNFCに関してなぜか消極的で、Androidに数年の遅れとなってしまいました。でもNFCを使ったモバイルペイメント自体もまだ主流になっていないので、今がチャンスだと思ったんでしょう…。 

Appleは2年前のiPhone5発売当時からNFCを搭載するんじゃないか…という議論がありましたが、ずっと搭載には消極的でした。

それがこのiPhone6になって初めて搭載。未だに海外では普及しきれていないおサイフケータイ市場を、独占してしまおうと考えているのでしょうか? 真意はAppleにしかわかりません。

ApplePayの仕組み:

http://www.flickr.com/photos/34120957@N04/7315190192

photo by Alex E. Proimos

ApplePayの仕組みに関しては、下記の記事がとにかく詳しいので、そちらからいくつか引用させてもらいます。

この支払システムは指紋認証のTouch IDとNFC〔近距離無線通信〕テクノロジーを利用する。ユーザーは特に新たな手続きをしなくても、既存のiTunesアカウントに登録しているクレジットカードで支払いが可能となる。巨大な既存ユーザーを擁していることがモバイル支払参入にあたってAppleの最大の武器となるだろう。

ApplePayはiTunesアカウントに登録しているクレジットカードを使って、街で買い物が出来るサービス…ということですね。

iPhone搭載の指紋認証センサーを利用する:

ユーザーがホームボタンに指を乗せる内蔵されたTouchID機能が登録された指紋を認識し、NFCを通じて店舗のターミナルと通信して支払を行う。

つまり指紋認証が出来る人=本人のみが、ApplePayを利用できるということです。そういった意味ではiPhoneを仮に落としてしまったとしても、すぐに不正利用される可能性は極めて低いと思いますね。

複数のクレジットカードから好きなカードを選べる:

現在チケット購入やポイントカードのために利用されているPassbookアプリに登録したすべてのクレジットカードが表示され、ユーザーは自由に選択することができる。

ApplePayで利用可能なクレジットカードは1枚だけ…というわけではなく、事前に複数枚登録しておけば利用時に好きなカードを選べるようです。つまり楽天ポイントが多く貰えるお店では楽天カードを、イオンモールではイオンカードを…といったような使い分けも出来るということですね。

ApplePayへのカード登録方法は写真で撮影:

ユーザーはiPhoneの新しいiSightカメラでクレジットカードの写真を撮るだけでPassbookにカード情報を登録できる。その後Appleはカードが真正なものであることを確認する。確認が済んだ後はAppleは自社サーバーにカード情報を記録しない。

ApplePayにクレジットカードを登録するためには、カメラでクレジットカードを撮影して送るだけで登録できるようです。なるほど便利だなーと思う反面、どうやって写真からクレジットカードの真贋を確認するのかは今後、出てくる情報で確認したいところですね。

また、前述のiTunesアカウントに登録されているカードであればApplePayとして利用可能…という情報との整合性はどんな感じになるかも併せてチェックしたいと思います。

カード情報はお店側に渡さない:

つまりAppleは支払いの都度、一回限りの取引番号を生成する。Appleは「われわれは取引記録の履歴を保存しない」と強調した。また「iPhoneを探す」機能からクレジット・カードを停止することが可能となっている。

マーチャントもカード番号を知ることはできない。店側に渡るのはダイナミックに生成された固有取引番号と金だけという仕組みだ。

ApplePayではカード決済を利用したとしても、クレジットカード情報はお店側にわたらないようになっているみたいですね。また仮にiPhoneを紛失してしまった場合でも、iPhoneを探すからカード利用を停止することも出来るようなので、2重にセキュリティが強化されている点も魅力。

更にクレジットカード自体を店員に渡さなくても良いので、スキミング被害にあう機会も減りそうです。

その他、ApplePayに関する記事:

その他、ApplePayに関する記事を紹介しておきます。画像付きで紹介されている記事もあったので、どんなふうに端末にiPhone6をタッチさせるのか?といったものを確認したい方はチェックしてみてください。

ApplePayの開始は10月から:

f:id:cardmics:20140910093531j:plain

尚、ApplePay自体はアメリカで2014年10月頃からスタートするようです。日本での導入はもう少し遅れるかもしれませんが、導入が開始されれば利用者が一気に増えていきそうな支払い手段ですよね。個人的にも今から楽しみです。

以上、iPhone6搭載のApple Pay機能のまとめ!NFC決済サービスの仕組みから、その支払い方法や利用メリットまでを徹底解説します…という話題でした。

この記事の追記:

ついにiPhone6の予約申込が開始されましたね。私もこの波に乗り遅れないように、早速、SoftBankオンラインから申込をしてみました(詳細はこの記事)。

しばらくすると在庫切れが問題になってしまうと思うので、少しでも早くiPhone6が欲しいという方は、早め早めに申込をしてみてくださいね。

news.cardmics.com

PAGE TOP