クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iOS8.1にアップデートしてもApple Payの設定画面は出てこないが、在住地域をアメリカに変更すれば設定可能になります。

http://www.flickr.com/photos/48503330@N08/6919422513

photo by Kurayba

まずはアメリカ国内でのみ開始されたApple Pay(アップルペイ)とはどんなものなのか?ということを実験してみようと、あんまり好きではないiOSのアップデートをしてみました(iOS8.0からiOS8.1へ)。

これによって日本ではApple Payは使えないけれども、設定画面くらいは表示されるだろうと思ったためです。

これだけでは設定画面は出てこない:

iOSのアップデートだけでApple Payの設定画面が出るかな?と思ったら、これだけでは残念ながら無理でした。パスブックを開いてもApple Payの設定画面は出てきません。

地域をアメリカ合衆国に変更:

そこで一工夫。

アメリカ合衆国ではすでにApple Payが使えているわけですから、自分の在住地域をアメリカにしてみたんです(設定→一般→言語と地域)。すると見事に出ましたApple Pay設定画面!その証拠が下記の画像です。

f:id:cardmics:20141023135018j:plain

f:id:cardmics:20141023135031j:plain

言語は日本語のままにしておいたので、きちんとその説明も日本語で表示されています。アメリカ在住だけど日本語が母国語…という方も、これなら安心してApple Payの設定が利用できそうですね。

Apple Payの利用は出来ない:

ただそれじゃこのままApple Payが利用できるのかというとそんなことはありません。残念ながら私はアメリカの銀行が発行しているクレジットカードを1枚も持っていないので、Apple Pay上にクレジットカードやデビットカードの登録が出来ないためです。

また、当然ながら日本ではApple Payサービスが開始されていないので、仮にアメリカ発行のクレジットカードを持っていたとしても国内では使えません(端末が店頭にないということ)。Apple Payを使いたいのであれば、日本での正式開始を待つしかない状態なのですね。

以上、iOS8.1にアップデートしてもApple Payの設定画面は出てこないが、在住地域をアメリカに変更すれば設定可能になります…という雑談でした。

参考リンク:

(追記)アメリカでApple Payが開始されてから2年が経過し、やっと日本でもApple Payが開始。私もApple Payを使ってみたい…という方は是非、下記記事を参考にしてクレジットカード等を登録してもらえればなと思います。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP