クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ANAマイルが貯まるVISAプリペイドカード「ANA VISAプリペイドカード」誕生!ANAマイレージクラブカードとしての機能も付いてます。

f:id:cardmics:20160118211254j:plain

買い物でANAマイルが貯まるVISAプリペイドカードがついに誕生しました。

その名も『ANA VISAプリペイドカード』。従来のANAマイレージクラブ(AMC)の会員機能を併せ持つプリペイドカードなので、ANAの飛行機によく乗る方に人気が出そうな感じです。

全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:篠辺 修、以下:ANA)と、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、プリペイド(事前入金型)決済機能付ANAマイレージクラブカード「ANA VISAプリペイドカード」の会員募集を2016年1月15日(金)よりスタートいたします。

2種類のANA VISAプリペイドカードが存在:

気になるその詳細ですが、ANA VISAプリペイドカードには主に2種類のカードが存在します。

1種類はANA VISAカード(クレジットカード)と連携させることで使えるチャージ限定型。こちらはどちらかというとVISAプリペイドカードというよりかは、ANA VISAカードの家族カードのような形で使われることが多くなりそうな気がします(入金チャージはANA VISAカードでのみ可能)。

ちなみに当面、発行費や発送費用は無料で対応してくれるとのことなので、ANA VISAカード保有者の方は子供用に発行を検討してみてはいかがでしょうか。13歳以上であれば発行可能という強みもあるので、中学生や高校性のお子さんがいらっしゃる家庭であれば使い方はあると思います。

オールチャージ型は三井住友VISAカード保有者向け:

もう1種類のオールチャージ型は、三井住友VISAカード保有者向け(三井住友VISAカード公式はこちら)。

もちろん他のクレジットカード保有者や、クレジットカードなんて持っていない…という方にとっても作れるVISAプリペイドカードにはなるんですが、プリペイドカードへの入金に別途、手数料がかかってしまうので正直、そこまでお得ではありません(1回あたり税込200円の手数料が必要)。

  • ANA VISAプリペイドカードへの入金には手数料がかかる(三井住友VISAカードでの入金のみ手数料無料)

ただ1回の入金で30万円までチャージすることが可能なようなので、一気にお金をチャージする予定があるというのであればそれほど手数料も気にならないかもしれません。コンビニやペイジー、クレジットカードなどを使ってチャージ可能なので、使いよう…といったところでしょうか(残念ながらチャージでカードポイントは貯まりません)。

オールチャージ型とチャージ限定型の比較:

2種類を比較するとこんな感じになります。チャージ限定型はすでにANA VISAカードを保有している方向け、オールチャージ型は三井住友VISAカード保有者か、一度に多額のチャージをする方向け…といった感じです。

名称 オールチャージ型 チャージ限定型
利用可能店舗 国内・海外のVisa加盟店(インターネット加盟店も含む)
対象 15歳以上の方 申込:ANA VISA/マスターカード個人会員利用:申込者のお子様で13歳以上の方
有効期限 発行から5年間
チャージ方法 専用Webサイトにて、チャージ金額およびチャージ手段を指定
チャージ手段 クレジットカード(Visa,MasterCard)コンビニ、ペイジー 申込者のANA VISAカード
チャージ手数料 200円(税込)。但し、三井住友VISAカードでのチャージの場合無料 無料
残高上限額 300,000円
マイル積算 ご利用金額1,000円につき5マイル付与(自動加算)
入会金・年会費 無料
発行手数料 200円(税込)※当面無料
発送手数料 440円(税込)※当面無料

クセはあるけど期待大のプリペイドカード:

http://www.flickr.com/photos/97299052@N00/762062828

photo by orphanjones

以上、ANAマイルが貯まるVISAプリペイドカード「ANA VISAプリペイドカード」誕生!ANAマイレージクラブカードとしての機能も付いてます…という国内ニュースでした。

まぁクセはあるけれども1000円利用で5ANAマイルが貯まるのはプリペイドカードとして非常に優秀なので、是非、クレジットカードが作れないという方やクレジットカードが嫌いだという方は、発行を検討してみてくださいね。それ以外の方は下記のANA VISAカードのほうが魅力的でしょう。

参考リンク:

マイルをもっと貯めたい…という方は、下記のマイルの基本&貯め方に関する記事も併せてご覧ください。マイルをもっとためて、無料で旅行にでかけましょう!

news.cardmics.com

PAGE TOP