クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの年会費は35万円(税別)。保有するためにはこれだけの年会費を支払う必要性があります。

http://www.flickr.com/photos/36039505@N00/2273200482

photo by Clemson

史上最高峰のクレジットカードとの呼び声も高いアメリカン・エキスプレス社のセンチュリオンカード。

一般的にブラックカードと呼ばれる属性のこのカードを持つためには、一体どのくらいの年会費を負担しなくてはいけないのでしょうか?今回は雑談がてらセンチュリオンカードの驚きの年会費について、記事を書いていってみたいと思います。

いつかはセンチュリオンカードホルダーに…と思っている方は、是非、今からその「覚悟」をしておいてくださいね。

センチュリオンカードの年会費は35万円(税別):

早速、センチュリオンカードの年会費を発表すると、これは実に35万円(税別)です。もちろんこの費用を払ったからといってなにかを貰えるわけではなく、ただ単にこのブラックカードを保有しているだけでかかる費用です。

  • センチュリオンカードの年会費:35万円(税別)

1年保有で35万、2年保有で70万円、3年も保有をすれば100万円以上の年会費が必要になるなんてゾッとしちゃいますよね。ちょっとした自動車なら簡単に購入できる金額だと思います。

1ヶ月あたりの保有額で考えても高い:

『いやいや、35万円というのは年会費だから、月間で考えればそんなにも高くないよ』と思うなかれ。

この年会費は12ヶ月で割ったとしても月3万円以上(税込の場合)の負担になるので、よほど稼いでいる方でなければ家計にとって大きな負担に…。少なくとも年収1,000万円以上なければ、費用負担だけで生活が苦しくなってしまうレベルでしょう。

年会費を払っても持つ価値はあるの?

では、そんなにも高い年会費を払ってまで、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードは持つ価値があるのでしょうか?

この答えについては曖昧で申し訳ないのですが、保有者の使い方次第の部分が大きいです。要するにちゃんとサービスを活用すれば年会費の元が取れる可能性が十分にある…ということですね。

ポイント獲得で年会費の元は取れない:

とはいえ、年会費の元をクレジットカードポイントだけで回収するのはここまで年会費が高いと実質的には無理です。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの場合だと、年間3,500万円の支払いでカード払いをつかわないと元が取れない計算になってしまうため、まぁ…セレブな方であれば問題ないのかもしれませんが、一般人である私達には無理ですよね(苦笑)。

  • 年会費数千円のカード:ポイントで年会費を回収できる
  • 年会費10万円以上のカード:ポイントで年会費を回収するのは無理

優待サービスで元を取る:

http://www.flickr.com/photos/18432837@N00/8328862650

photo by asmythie

そのため、ブラックカードの年会費の元を取るためには、ブラックカード保有者しか受けることが出来ないサービスをいかに使うかがカギ。これらの優待サービスなどを使いまくる方であれば、年会費の元くらい取るのはどうってことありません。

特にアメックスのセンチュリオンカードともなるとサービス内容は多岐にわたり、その概要だけで分厚い小冊子が出来上がります。たぶんセンチュリオンカードを保有している方であってもそのサービスのうち3割くらいしか認知していないんじゃないかな?ってくらい多岐にわたる優待特典が用意されているため、これらを活用さえできれば年会費を払うだけの価値があるというわけですね。

  • サービスを活用する:年会費の元が取れる
  • サービスを滅多につかわない:年会費を払うだけ損に

ちなみにどんな優待サービスがあるのかについては、下記記事あたりにも目を通してみてください。ブラックカードを持つとこんなことをしてくれるんだな…という世界が見えてくるようになると思います。

cards.hateblo.jp

センチュリオンカード保有を狙おう: 

http://www.flickr.com/photos/67196253@N00/6041548843

photo by hans s

以上、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの年会費は35万円(税別)。保有するためにはこれだけの年会費を支払う必要性があります…という雑談でした。

もしみなさんがセンチュリオンカードを運良く保有することが出来た場合には是非、優待サービスがこれでもかと書かれている冊子に目を通すところからはじめてみてください。サービスを理解しないと、年会費を払うだけ損なカードになってしまいますよ。

参考リンク:

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードを保有するためには、まず、アメックスが発行しているゴールドカードを保有するところからはじめてみてください。「あなたはアメックスのセンチュリオンカードを持つにふさわしい利用者だ」と思われた場合には、アメックス側から招待状が届きますよ。

PAGE TOP