クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

初期費用0円で導入可能なAirペイが、Apple Pay決済に完全対応!これ1台あればスイカ決済に加え、iDとQUICPay決済も可能になりました。

f:id:cardmics:20170519213948j:plain

iPhoneやiPadなどのモバイル端末を利用したクレジットカード決済であるAirペイが、2017年6月12日よりiDとQUICPay決済に対応し、Apple Pay決済に完全対応したようです。

Airペイが公式リリースにて発表しました(こちらより引用)。

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)とカード事業を行う株式会社リクルートペイメント(本社:東京都中央区、代表取締役社長:塩原 一慶)は、カードも電子マネーも使えるおトクな決済サービス『Airペイ』が、Apple Payを本日2017年6月12日(月)より取扱開始することをお知らせいたします。

クレジットカード、交通系電子マネー、Apple Payが iPhoneまたはiPadと決済端末一台で決済できるのはモバイル決済業界初となります。

Apple Pay(アップルペイ)ってなに?という方は、下記記事も参考に。簡単に言えばiPhone版のおサイフケータイのようなもので、現時点ではスイカ、iD、QUICPayの3種類の電子マネーがApple Pay経由で利用可能です。

news.cardmics.com

モバイル決済業界初の対応:

公式リリースにも記載があった通り、iPhoneやiPad等のモバイル端末を利用したモバイル決済が、Apple Payの電子マネー3種類(スイカ、iD、QUICPay)すべてに対応したのは業界初のこと。

しかもAirペイは実質0円で導入可能なクレジットカード&電子マネー決済なので、『初期コストを極力かけずにApple Pay決済を導入したい!』という店舗経営者の方には最適な決済機になるのではないでしょうか?(手数料等のサービス内容や、実質0円になるキャンペーン条件については下記、公式サイトにて)

実質0円スタートキャンペーン条件

  • 審査通過をしていて、尚且つカードリーダーをお受取り(代引き)されていること(1台19,800円)
  • 審査通過月を含め6ヶ月以内にAirペイを使って6万円以上の決済を行うこと

f:id:cardmics:20170613222347j:plain

ライバル企業は心中穏やかではないはず:

こうなると途端に心中、穏やかではなくなるのがAirペイのライバル企業であるSquare(スクエア)や楽天ペイ。

これらの決済サービスは知名度でこそAirペイを大きく上回っていますが、今回のAirペイApple Pay完全対応により一歩も二歩も先に行かれてしまった感じなので、今後の巻き返しを考えているところでしょう。

ちなみに楽天ペイでは開始時期は正式決定していませんが、2017年夏よりiD、QUICPay、Suica、nanaco、WAON等、すべての電子マネー決済を順次導入していく方針なので、『せっかくならApple Payに対応していない電子マネーも導入したい!』という方は、そちらの開始を待ってから検討しても良いかもしれませんね(詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

モバイル決済普及がキャッシュレス社会を生む:

f:id:cardmics:20170525225418j:plain

なんにせよ、こんな感じでモバイル決済サービス同士がバチバチとサービス改善を続けていけば、日本国内でのクレジットカード&電子マネー普及に一役買うことは間違いなし。

引き続き当サイト『クレジットカードの読みもの』でも、クレジットカード決済の最新情報や役立つ知識等を紹介していくので、是非、ブックマーク等をするなりしてまた読みに来てもらえると嬉しいです。

以上、初期費用0円で導入可能なAirペイが、Apple Pay決済に完全対応!これ1台あればスイカ決済に加え、iDとQUICPay決済も可能になりました…という国内ニュースでした。自店舗にApple Pay決済を導入したい方は、是非、この機会にAirペイ導入を検討してもらえればなと思います(公式サイトはこちら)。

参考リンク:

日本国内でサービスが提供されている、主要なモバイル決済3つを比較してみたい…という方は、下記記事も参考に。今回Apple Pay決済に完全対応したAirペイと、楽天ペイ、Squareをわかりやすく比較しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP