クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

マンチェスターユナイテッドの広告価値は、サッカー日本代表の5倍以上?アディダスがマンUと10年総額1300億円のスポンサー契約を結ぶ!

adidas samba

大手スポーツメーカーであるアディダスが、有名サッカークラブのマンチェスター・ユナイテッドと10年総額1,300億円のスポンサー契約を結んだそうです。

ロイターが記事にして報じました。

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は14日、アディダスと総額7億5000万ポンド(約1300億円)のスポンサー契約を結んだと発表した。

契約期間は10年で、契約料はサッカーのクラブチーム史上世界最高額。これまでの最高額は、同社がレアル・マドリード(スペイン)と結んだ年平均3100万ポンドで、マンUとの契約はその2倍以上となる。アディダスはユニホームなどを提供する。

1年で130億円のスポンサー契約は凄い:

いやはや、詳しくこの分野の相場についてはわかりませんが、少なくともアディダス側は1年間で130億円以上を投資する以上のリターンが得られると踏んだからこその契約ですよね、これって。

ユニフォーム販売などの物品販売収益から、選手がアディダス製品を身に付けることなどなど、そういったブランド戦略の強化が目的なんでしょうけれども、なんとも凄い金額だな~と思わされます(アディダス側としても過去最高契約の2倍みたいですからね、ドキドキもんだと思います)。

日本代表との契約は4年85億円で契約:

ちなみにアディダスはサッカー日本代表と4年総額85億円(1年あたり20億円ちょっと)で契約していますが、こちらはスポンサー契約ではなくオフィシャルサプライヤー契約という名前のようです。

  • マンチェスター・ユナイテッド:10年1,300億円
  • サッカー日本代表:4年85億円

前述のように私が無知ゆえに、定義の違いはわかりませんが、たぶん同様にユニフォームやTシャツといった物品製造に関する契約なのは間違いなし。仮に類似した契約だと想定すると、サッカー日本代表の価値よりもマンチェスター・ユナイテッドのスポンサー価値のほうが5倍以上も大きいことになりますね。

クラブチームのユニホームの契約金

年間金額では、1位がアディダスのレアルマドリード(スペイン)の47億円。2位が来季からプーマになるアーセナル(イングランド)の43億円。3位が12年にウォーリアと契約したリバプール(イングランド)の41億円がクラブチームのベスト3。他の有名クラブではナイキのユベントス(イタリア)が31億円となっている。

アディダスを使用するプロ野球の巨人は契約初年度の05年が10億円と言われている。(金額は推定)

なんにせよ、それだけサッカーには大きなお金が動いている証拠。経済の動きを理解する上でも、参考になりそうな金額だと言えそうです。

以上、マンチェスターユナイテッドの広告価値は、サッカー日本代表の5倍以上?アディダスがマンUと10年総額1300億円のスポンサー契約を結ぶ…という海外ニュースでした。

参考リンク:

サッカーのスポンサーといえば、楽天市場で有名な楽天がFCバルセロナの胸スポンサーになった…というのも凄かったですね。こちらは年間約60億円の契約なのでアディダスよりもやや劣りますが、胸スポンサーだけでこの金額であることを考えると凄いなぁと思わされます(金額の詳細等は下記記事にて)。

news.cardmics.com

PAGE TOP