クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

安倍首相が使ったクレジットカードを、焼肉屋店主がテレビで話しちゃったのは規約違反?詳しくクレジットカード加盟店規約を調べてみた。

f:id:cardmics:20170628090709j:plain

安倍首相が立ち寄った山梨県の焼肉屋店主が、その際に利用されたクレジットカードについて語った映像がTBSで放送された…というのがここのところ話題になっているので、今回はこの件についてどこが問題なのか詳しく調べてみました(経緯は下記記事を参照)。

山梨県富士河口湖町にある焼き肉店の店長がTBSの報道番組で、安倍晋三首相の個人情報をベラベラと喋った、とし、店のレビューに批判が殺到、「炎上」状態になっている。放送したTBSに対しても、店長の話を何の躊躇もなく会話の字幕まで付けて放送したとして「個人情報を晒してますね」などと批判が向けられている。

番組では安倍首相と加計学園理事長の交友について報じ、訪れたという焼き肉店の店長は、安倍首相のクレジットカードは「VISAのゴールドだった」などと語った。

カードを晒すのはもちろん違反行為:

まず、クレジットカードの加盟店*1である焼肉店が、お客さんであった安倍首相のクレジットカード情報を話すのは明確な規約違反です。

残念ながら焼肉店がどこのクレジットカード会社と契約をして加盟店になっているかはわかりませんが、仮にどこのクレジットカードが作成した加盟店規約であったとしても第三者への個人情報漏洩は禁止しているので、テレビの前だろうがなんだろうが、お客さんのクレジットカード情報をペラペラとしゃべるのは例外なく規約違反で間違いありません(下記は三井住友カードの加盟店規約)。

第24条(個人情報の守秘義務等)

1.加盟店は、加盟店が知り得た個人情報を、秘密として保持し、当社の書面による事前の同意を得ることなく、第三者に提供・開示・漏洩せず、本規約に定める業務目的以外の目的に利用しないものとします。

2.前項の個人情報には、次に定める情報が含まれるものとします。

(1)加盟店および当社間でペーパーやMT等を媒介にオフラインで交換される会員の個人に関する情報
(2)加盟店が当社から直接受け取った会員の個人に関する情報(申込書等)
(3)当社を経由せず、加盟店が受け取った会員の個人に関する情報(加盟店売上情報等)
(4)カードを利用することで加盟店のホストコンピューターに登録される会員の個人に関する情報(加盟店売上情報等)

念のため、JCBカードの加盟店規約についても紹介。こちらでも第三者への漏洩は明確に禁止事項として盛り込まれていますね。

第28条 (カードに関する情報等の機密保持)

1.加盟店は、本契約に基づいて知り得た会員番号その他のカードおよび会員に付帯する情報、ならびに割引料率を含む両社およびカード会社の営業上の機密を機密情報として管理し、他に漏洩、滅失、毀損(以下「漏洩等」という)したり、または本契約に定める以外の目的で利用(以下「目的外利用」という)してはならないものとします。

VISAのゴールドってどのVISAだよ問題:

では、今回の件で焼肉屋店主がクレジットカード会社から処分を受けるのか…というと、これは正直微妙なライン。敢えてなのかそれとも素なのかわかりませんが、店主が今回発した言葉が「VISAのゴールド」というものだったためです。

『へっ?お客さんが持ってるカードを言っちゃったんだから、問題視されるんじゃないの?』と思われる方も多いかもですが、実はVISAのゴールドって世の中にゴマンとあるんですよね(詳しくはこちら)。

例えば楽天カードが発行しているVISA付きの楽天ゴールドカードもVISAのゴールドですし、イオンカードのVISA付きイオンゴールドカードだってVISAゴールド。つまり安倍首相が使ったクレジットカードはこの発言からだけでは特定できないので、店主はある程度の守秘義務を果たしている…とも言えそうなのです。

  • 間違い:安倍首相が使ったのは三井住友VISAゴールドカード
  • 正解:安倍首相が使ったのは三井住友VISAゴールドカードである可能性は高いが、違うゴールドカードかもしれない。

まぁ三井住友VISAゴールドカードのみをVISAのゴールドと思っている可能性も高いので、前述のように敢えてなのか素なのかはわかりません。しかし、結果的に店主はちょっとカード会社に怒られるだけで済むんじゃないかな…とも思いますね(ゴールドカードについて詳しくは下記記事にて)。

news.cardmics.com

どこまで規約遵守を徹底できるかは微妙:

f:id:cardmics:20170712151248j:plain

このようにクレジットカード払いが使われたお店が、お客さんのクレジットカード情報を誰かに話すのは明確なクレジットカード加盟店規約違反。

個人的にも絶対にやめてほしいな…と思いますが、今回のように小規模店舗を経営しているおっちゃんおばちゃんにどこまでそれを遵守させられるかは難しいところなんですよね。

結果、政治家や有名芸能人といった方は、従業員の教育がしっかりしている料亭や会員制レストランのようなお店を選ばざるを得ないのかも。これらのお店なら値段は高いですが、その分、個人情報もしっかり守ってくれるので、安心して使えるという事情があるのでしょう*2(有名人ならではの不自由さについては下記記事を参照)。

以上、安倍首相が使ったクレジットカードを、焼肉屋店主がテレビで話しちゃったのは規約違反?詳しくクレジットカード加盟店規約を調べてみた…という話題でした。

参考リンク:

この機会にクレジットカードの仕組みを理解しておきたい…という方は下記記事も参考に。どうして現金を払わずに支払いができるのかがわかります。

news.cardmics.com

*1:クレジットカード会社と契約をして、クレジットカード払いの受付が可能になったお店のこと(クレジットカードが使えるお店=加盟店)。

*2:ドラマや映画ばかりを見ていると、「料亭=悪巧みをする場所」という印象をお持ちの方は多いですが、実際には「料亭=個人情報をしっかり守ってくれる場所」に近いのかもしれません。

PAGE TOP