クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

2015年 夏のボーナスは前年比3.95%増(主要企業の平均支給額)!中小企業のボーナス支給額も増加傾向だが、大企業の半分程度…という結果に。

http://www.flickr.com/photos/65715118@N00/2440127862

photo by 7D-Kenny

2015年 夏のボーナスは前年比3.95%増…。そんな情報が時事通信にあったので引用させてもらいます。

厚生労働省が18日発表した主要企業の2015年夏のボーナスに関する調査結果によると、平均妥結額は前年比3.95%増の83万2292円となり、3年連続で増加した。

好調な企業業績を反映し、妥結額は2008年以来7年ぶりの高い水準となった。

主要企業の平均支給額とはいえ、平均85万円とは夏のボーナスは好調だったみたいですね。個人的にはあまり実感のないアップ…と言わざるを得ませんが、それでも一部の人達のフトコロはだいぶ、好景気により潤ってきているのでしょう。

山梨県のデータだと夏のボーナスは少なめ?

ただやはり地方においてはまだまだ景況感は厳しいようです。山梨県のデータがあったのでこちらも引用させてもらいます。

平均要求額は64万3872円。前年同期と比べ2万677円低く、平均妥結額は58万2621円となり、前年同期比7432円低かった。平均妥結額を従業員規模別でみると、300人未満の中小企業が前年同期比2万1485円増の43万8582円、300人以上の大企業が同1万3561円減の61万2811円だった。 

こちらを見る限りだと中小企業の夏のボーナスは、大企業の支給額に比べて半分程度…というのが実情のようです。

少しでも貰えるだけマシなのかもしれませんが、これだとなかなか住宅ローンの繰り上げ返済等に回すだけの余裕は出てこないのかもしれません。

滋賀県でも類似の統計データ:

同様に滋賀県でも類似した統計結果が出ているので、だいたいこのくらいが世の中の夏のボーナス平均値といった感じだと思われます(こちらから引用)。

従業員規模別では300人以上が64万1980円(対前年比1・97%減)、300人未満が46万2394円(同1・18%増)。

産業別では製造業が59万8001円(同1・91%減)、非製造業が56万4807円(同3・09%減)だった。

つまり一部の巨大企業では夏のボーナスはアップ傾向にあるものの、それ以下の大企業ではやや下落傾向。しかし、中小企業ではちょっとだけ光が見えてきた…という感じがあると言えそうな感じ。ざっくりまとめるとこんな数字になります。

  • 資本金10億円以上の大企業:約83万円支給
  • 従業員300人以上の大企業:60万円前半の支給
  • 中小企業:45万円前後の支給

ほんと会社規模によって夏のボーナスは、これだけ支給額が違うのですね。勤務先によって見事なまでの階段ができているなーと思いました。

以上、2015年 夏のボーナスは前年比3.95%増(主要企業の平均支給額)!中小企業のボーナス支給額も増加傾向だが、大企業の半分程度という結果に…という話題でした。ボーナス繋がりですが、クレジットカードのボーナス払いを使ったことがない…という方は、下記記事なども読んでみてくださいね。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP