クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

消費税増税のために約5年ぶりに製造再開された1円玉の需要が、想定よりも伸びなかったことが判明。背景には電子マネーの利用増による影響か?

http://www.flickr.com/photos/28187843@N00/3465059863

photo by maccath

2014年4月に消費税が5%から8%に変更するにつれて、約5年ぶりに製造再開がされた1円玉硬貨。しかしその需要は、どうやら増税後もほとんど伸びていないことが判明したようです(読売新聞の記事より)。

4月の消費税率引き上げ後、釣り銭用に需要が増えると見込まれていた1円玉の流通枚数は5月末時点で約389億枚となり、増税前の昨年11月から増えていないことが日本銀行の統計で明らかになった。 

1円玉は作るだけ採算割れ:

2014年度も1億6,000枚の製造予定があるようですが、このままであれば1円玉を製造した分だけムダになりそうな気もしますね(日経新聞の記事も参照)。ちなみに1円玉の製造コストは1円ではなく、1枚あたり2~3円かかるそうです。

日銀によると、一円玉の流通量は10月時点で388億枚と前年同月に比べ1億枚の微減にとどまる。電子マネーの普及を受け需要が伸びていない。

最近は原料になるアルミニウム地金の価格が高く、一円玉の製造コストは2~3円。「つくればつくるほど採算割れの状況」(理財局幹部)のため最近は流通向けの製造を見送っていた。

この背景には電子マネーの普及がある?

ではなぜ、1円玉の需要が想定よりも少なかったのか?やはりこれは昨今の電子マネー普及による影響があるんだと思います。

実際、電車に乗るにもコンビニで買い物をするにも、電子マネー派の人間の場合には小銭を触る機会なんてほとんどありませんからね。私も消費税率が変更になった影響を感じる機会って、驚くほどに少ない感じです。

将来的には小銭が消える?

まぁ貨幣自体がなくなるのはもっともっと先だとは思いますが、今後もこんな感じで電子マネーやクレジットカード需要が伸びて、小銭の必要性がどんどん減っていくことになるんでしょう。個人的にはジャラジャラと小銭を扱うのは面倒に思えてしまう人間なので、この流れが続くといいなぁと願っています。

以上、消費税増税のために約5年ぶりに製造再開された1円玉の需要が、想定よりも伸びなかったことが判明。背景には電子マネーの利用増による影響か…という話題でした。

参考リンク:

この機会に電子マネーを使い始めてみようかな…という方は下記記事を参考に。主要な電子マネーの紹介と、その入手方法などをわかりやすくまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP