クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

お金の単位として使われることが多い『K』や『M』ってどういう意味?1K、1Mはいくらなのかをわかりやすく解説します。

f:id:cardmics:20170622214103j:plain

2ちゃんねるやヤフー掲示板といった場所では、お金の単位として1Kや1Mといった用語が使われることが多いのですが、これっていったい何円なのかわからない…という方は意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回はネットスラングとも言える『K』や『M』はいくらなのかを徹底解説。どうしてKやMといったアルファベットが使われているのかその理由を、この機会に知ってもらえればな…と思います。

お金の単位であるKやMはいくら?

まず、答えから先に書いてしまうと、1Kは1,000円、1Mは100万円です。

  • 1K:1,000円
  • 1M:100万円

同様に5Kなら5,000円、20Kなら2万円…といったように、KやMの前に付ける数字次第で金額が変わる点にはご注意ください。

また、15M(1万5,000円)や78K(7万8,000円)などのように、使われるのはキリの良い数字ばかりではないので、慣れるまでは少し時間がかかるかも…ですが、Kは1,000円、Mは100万円と覚えれば問題ありません。

どうしてKやMなのか?

ではなぜ、KやMでお金を表現するのか…というと、これは下記の数字を見ればわかりやすいはず。

  • 1km=1,000メートル
  • 1kg=1,000グラム

要するにK(キロ)という文字は1,000という意味なので、1K円=1,000円という表現が生まれたのですね。

同様にMはMillion(ミリオン)の略で100万という意味の言葉。30代以上の方ならミリオンヒット(CDが100万枚以上売れること)という言葉をご存知だと思いますが、あのミリオンが1M円のMとなります。

パチンコや競馬で使われる傾向に?

このKというお金の単位は、主にパチンコやパチスロ、競馬や競艇といったギャンブル系の掲示板で頻繁に使われる言葉ですね。

『今日は15K損した』とか、『今日は運が良くて30K勝った』とか、そんなふうに使われることが多いので、覚えておくと掲示板をもっと楽しめるかもしれません(同様に諭吉=1万円といった単位もよく使われますね)。

カンマで考えるとわかりやすい:

f:id:cardmics:20170616215921j:plain

ちなみにKやMが覚えにくいなぁ…と思った方は、数字を入力する際に補助的につけられる、カンマの位置を覚えておけばOK。

  • 1,000円=1K
  • 1,000,000円=100万円=1M

日本のお金の単位だと、なぜそこでカンマを入れるのかはよくわからないかもしれませんが、国際的には3つ置きにカンマを入力するのが一般的なので、このカンマの位置でKとMを覚えてもOKです。これでもう、1Kが1千円だか1万円で迷うこともなくなりますよ。

以上、お金の単位として使われることが多い『K』や『M』ってどういう意味?1K、1Mはいくらなのかをわかりやすく解説します…という話題でした。

参考リンク:

この機会にお金に関する知識をもっと身に付けたい…という方は、下記の入門書を中心にまとめた記事も参考に。どれも読んでいて眠くなりにくい良書ばかりなので、お金の基本がまったくわからない方にもおすすめですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP