クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

好感度が抜群の福山雅治だって、嫌いな人がいるってこと。100人全員から好かれるのは無理だし、文句があるから人は意見を言う

http://www.flickr.com/photos/64963600@N04/7989270732

photo by Saku Takakusaki

勝手に題材にしてしまってすいません福山さん…という感じですが、タイトル通り、好感度が抜群に高いはずの福山雅治だって、世の中には嫌いな人がいます。ベッキーや上戸彩だって、見るのも嫌い!って毛嫌いしている方が世の中にはいるくらい。

こんな感じで普通に考えればわかるのですが、100人中100人全員から好かれることなんて土台無理な話なんですよね。でも人はなぜかそのうち1人から嫌われても、気にしてしまうもの。すごく不思議です。

批判の声で心が折れるけれども、応援してくれる人はいるってこと:

これ、なにを書こうとしているのかというと、はてなブックマークのコメント欄の話です(笑)。今日、こちらの記事を読んで、ふと書きたくなったのです。

この記事をざっくり説明すると、人気のはてなブロガーな方だったのですが、心ない一言をブコメで頂いてしまったために、書く気力がなくなってしまったという話。なるほど、確かに同じような経験をしたことがある私も、その気持ちがよくわかるなぁ~と。

というか、そういう一言で筆を置いてしまうブロガーも多いですよね(私の周りにも結構いました)。

批判コメントは多くても、賛同コメントは少ないもの:

でも、これは当然といえば当然の話なんですが、内容について賛同する意見がある場合っていうのは基本、コメントなんてつけてくれません。テレビ局などに寄せられる苦情コメントを見ればわかりますが、同意の電話なんて普通はしませんよね。人は文句があるから意見を言うのです。

だからこそ、どうしても比率でいえば苦情なコメントのほうが多くなる。これが精神的に辛くなる要因なんじゃないかなと思うのです。ほんと、コメントしている方にとってはどうってことないコメントでも、受ける側としては辛いものなんですよ。

このサイトもクレジットカードが嫌いな方にいつも叩かれてます:

http://www.flickr.com/photos/32554529@N02/3205373731

photo by alsndr

このサイトも、クレジットカードが嫌い!現金払いこそ素晴らしい!という意見を持っている方によく叩かれています。これは仕方ないことですし、彼らを100%、クレジットカード好きに変えることも不可能。だったらうまく付き合っていくしかありません。

今後も、批判コメントを貰うこともあるでしょうけれども、少しでもクレジットカードの魅力を伝えられるように頑張っていきたいと思います。そして、たまには…で良いので、うちにもポジティブなコメントをいただけると嬉しいですね。ええ、ただの願望です(笑)。

巡り巡って自分に戻ってくるよう、私も積極的にポジティブコメントをつけて行きますよ!

文末リンク:
PAGE TOP